竹内涼真、笑顔で『君と世界が終わる日に』クランクイン 「最初で最後の幸せなシーンでした」

竹内涼真、笑顔で『君と世界が終わる日に』クランクイン 「最初で最後の幸せなシーンでした」

 2021年1月期の日本テレビ系日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』。先日、主演の竹内涼真が首都圏近郊でクランクインを迎えた。

 本作は、日本テレビとHuluの共同製作ドラマとして、2021年1月より日本テレビ系日曜ドラマにてSeason1が放送スタートし、全10話で一度完結。その後、3月からHuluオリジナルとしてSeason2が全6話で配信される。

 日本テレビ連続ドラマ初主演の竹内は、どんな状況でも諦めず、死と隣り合わせの終末世界を生き抜く逞しいサバイバー・間宮響を演じる。脚本を務めるのは、『アリスの棘』(TBS系)、『砂の塔〜知りすぎた隣人〜』(TBS系)の池田奈津子。『トドメの接吻』(日本テレビ系)、『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)の菅原伸太郎が演出を担当する。

 響は高校時代からの恋人・小笠原来美と同棲中。密かにプロポーズをしようとしたその日、トンネル滑落事故に遭い閉じ込められてしまう。4日後、響が命からがらトンネルを脱出すると、世界は一変していた。誰もいない街に大破した交通網、届かない電波、街中に残された血痕……。“世界の終わり”のような極限状態にひとり取り残された響は、必死に来美を探す。

 日本の連続ドラマとしては異例のボリュームの全16話からなる本作のクランクインに際し、竹内は「これから長期間の撮影になります。大変ですよこれは……」と一同の笑いを誘いつつ、「でも頑張りましょう! みなさん、よろしくお願いします!」と、座長として笑顔でコメント。初日は事件が起こる当日、恋人である来美との幸せな生活を描いたシーンから撮影がスタートし、「ほぼ最初で最後の幸せなシーンでしたね」と撮影を終えた竹内は笑顔を見せた。

 ヒロインである来美役、そのほかの共演者については、今後明らかになる。

■放送情報
『君と世界が終わる日に』
Season1(全10話):日本テレビ系にて、2021年1月スタート 毎週日曜22:30〜放送予定
Season2(全6話):Huluにて、2021年3月配信開始
主演:竹内涼真
脚本:池田奈津子
音楽:Slavomir Kowalewski A-bee
制作:福士睦、長澤一史
チーフプロデューサー:加藤正俊、茶ノ前香
プロデューサー:鈴木亜希乃、鬼頭直孝、伊藤裕史
協力プロデューサー:白石香織
演出:菅原伸太郎、中茎強、久保田充
制作協力:日テレアックスオン
製作著作:日本テレビ、HJ Holdings,Inc.
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/kimiseka/
公式Twitter:@kimiseka_ntv
公式Instagram:@kimiseka_ntv

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる