吹き替え声優夫婦の移住生活を描く イスラエル映画『声優夫婦の甘くない生活』12月公開決定

吹き替え声優夫婦の移住生活を描く イスラエル映画『声優夫婦の甘くない生活』12月公開決定

 イスラエル映画『声優夫婦の甘くない生活』が、12月18日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開されることが決定。あわせて、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、ずっと誰かの声を演じてきた吹き替え声優の夫婦が、初めて“本当の声”に気付くとき、甘くない世の中で、お互いがかけがえのない存在であることを思い知る物語。現在、新型コロナウイルスの影響で本国イスラエルでは未公開にありながら、ヨーロッパを中心とした各国の映画祭で上映され、2019年タリン・ブラックナイト映画祭で脚本賞、NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)受賞、2020年バーリ国際映画祭では監督賞、特別賞(女優部門)を受賞した。

 ソ連からイスラエルに移民してきたスター声優夫婦は、夢と希望を抱いて第2の人生をスタートさせる。しかし現実は厳しく、声優の仕事にありつけない2人がようやく手にしたのは、人には言えない闇仕事だった。妻の秘密が発覚したことをきっかけに、長年気付かないふりをしてきたお互いの“本当の声”が噴出し始める。

 監督を務めたエフゲニー・ルーマン自身の旧ソ連圏から移民した経験をもとに、7年の歳月をかけて作り上げられ、イスラエル史上最大の移民の波である、「鉄のカーテン」崩壊後により良い生活を願って海を渡ったロシア系ユダヤ人たちの歴史の一幕をスクリーンに描き出している。

 また、溢れんばかりの映画愛に包まれた本作は、今年、生誕100周年を迎えるイタリアの名匠フェデリコ・フェリーニに最大のオマージュを捧げている。作中ではフェリーニの『ボイス・オブ・ムーン』のほか、ダスティン・ホフマン主演『クレイマー、クレイマー』など往年のハリウッド映画の名作が登場する。

 公開されたポスタービジュアルでは、映画館に座った主人公の夫婦と後ろには怪しげなガスマスクの人物が捉えられ、「ほんとうの声、聴こえてますか?」というコピーが添えられている。

映画『声優夫婦の甘くない生活』予告編

 予告編は、2人の夢のイスラエル移住のシーンから始まる。妻のラヤがテレフォンセックスの仕事を始め、夫のヴィクトルは海賊版ビデオの制作のために映画泥棒になってしまう、夫婦の新生活の様子や、フェリーニの新作を上映しようと奮闘するヴィクトルの姿などが描かれている。

■公開情報
『声優夫婦の甘くない生活』
12月18日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
監督:エフゲニー・ルーマン
脚本:ジヴ・ベルコヴィッチ エフゲニー・ルーマン
出演:ウラジミール・フリードマン、マリア・ベルキン
後援:イスラエル大使館
配給:ロングライド
2019年/イスラエル/ロシア語、ヘブライ語/88分/スコープ/カラー/5.1ch/英題:Golden Voices/日本語字幕:石田泰子

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる