松下洸平&渡辺大知、『東京タラレバ娘』に新風? “自然体”演技がもたらすリアリティに期待

松下洸平&渡辺大知、『東京タラレバ娘』に新風? “自然体”演技がもたらすリアリティに期待

 『スカーレット』以降も、『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)や『MIU404』(TBS系)など出演が相次いでいる松下。彼の演技について田幸氏は次のように語る。

「『MIU404』でも松下さんのナチュラルな雰囲気が活かされていました。通りすがりの老夫婦を人質にとる犯人という役柄でしたが、一見普通の人に見えるからこそ、綾野剛さん演じる刑事・伊吹も気づかないという、松下さんならではの役でした。さらに、嘘をつくことへの躊躇、父親に虐待されていたという複雑な過去、真実と向き合うことができない怖さといった人間が抱える矛盾も表現していました。『スカーレット』においても、優しいけれど、どこか壁を感じさせるミステリアスさが魅力的でした。今回そんな松下さんのナチュラルな演技が、豪華なキャストが揃う本作でどのように映えるのか注目です」

東京タラレバ娘2020 渡辺大知 榮倉奈々

 田幸氏は、渡辺にも松下との共通点があると分析する。

「渡辺さんも偶然にも『まれ』や『カーネーション』など朝ドラに出演しています。渡辺さんも松下さんと同じく、いわゆるスター俳優とは異なる、素朴な雰囲気が好きだというファンの方が多いかと思います。今回は、榮倉奈々さん演じる香の夫という役柄ですが、ブレイク作にもなった『恋のツキ』(テレビ東京)ではヒロインと3年同棲している彼氏というキャラクターでした。同棲しているからこそ、ついつい出てしまうだらしなさがなんとも憎めなくて(笑)。今回はどんなヒロインの相手役になるのか楽しみです」

 自然体の演技が高評価の松下と渡辺の2人。『東京タラレバ娘』にどんな新しい風をもたらしてくれるのだろうか。

「いわゆるドタバタ感のあるコメディ的な作風が魅力の本作ですが、2人のナチュラルな演技がより物語にリアリティと厚みをもたらしてくれるのではないでしょうか。今までの『東京タラレバ娘』とは違った魅力を引き出してくれるのではと思います」

 演技の安定感も折り紙つきの松下と渡辺が、吉高、榮倉、大島の3人娘とどのようなかけ合いをするのか。放送が楽しみだ。

■放送情報
スペシャルドラマ『東京タラレバ娘2020』
日本テレビ系にて、10月7日(水)21:00〜22:54放送
出演:吉高由里子、榮倉奈々、大島優子、坂口健太郎、平岡祐太、石川恋、加藤諒、あ〜ちゃん(Perfume)、松下洸平、渡辺大知、金田明夫、田中圭、鈴木亮平
原作:東村アキコ『東京タラレバ娘』(講談社『Kiss』連載)
脚本:松田裕子
音楽:菅野祐悟
主題歌:「TOKYO GIRL」Perfume(ユニバーサルJ/Perfume Records)
チーフプロデューサー:西憲彦
プロデューサー:加藤正俊、鈴木香織(AXON)
演出:鈴木勇馬
制作協力:AXON
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる