柴咲コウ演じる主人公が25年ぶりに目を覚ます 遊川和彦脚本『35歳の少女』クランクイン

柴咲コウ演じる主人公が25年ぶりに目を覚ます 遊川和彦脚本『35歳の少女』クランクイン

 10月10日放送スタートの日本テレビ系土曜ドラマ『35歳の少女』がクランクインを迎えた。

 柴咲コウが主演、遊川和彦が脚本を務める本作は、柴咲にとって同じく遊川が脚本を担当した『〇〇妻』(日本テレビ系)以来、5年ぶりの民放連続ドラマ主演作。『家政婦のミタ』『同期のサクラ』(日本テレビ系)の制作チームが集結する。柴咲演じる望美の初恋の相手・広瀬結人役を坂口健太郎、望美の妹・時岡愛美役を橋本愛が務める。さらに、望美の母・時岡多恵を鈴木保奈美、望美の父・今村進次を田中哲司、望美の父であり進次の再婚相手・今村加奈を富田靖子、その引きこもりの連れ子・今村達也を竜星涼がそれぞれ演じる。

 1995年、不慮の事故により10歳で突然、長い眠りにつき、2020年に25年ぶりに目覚めた“35歳の少女”、望美。待ち受けていたのは、歳をとった体と受け入れ難い未来だった。問題を抱える家族や愛する人たちを変え、現実に戸惑いながらも前を向いて生きる少女の“時をこえた”成長物語が描かれる。

 9月上旬に、関東近郊のスタジオでクランクインを迎えた本作。紹介コールとともに、柴咲が笑顔で病室のセットに上がる。クランクインのシーンは柴咲演じる望美が、25年ぶりに目覚めた数日後という設定に。消灯した病室内でひとり、眠れずにいる、心は10歳の望美が、窓に映った35歳の自分を見て、耐えられず目を閉じる場面が撮影された。

 また、同日に望美が25年ぶりに奇跡的に目を覚ますシーンも撮影。多恵役の鈴木、愛美役の橋本、進次役の田中も続々とクランクインを迎えた。

 大平太プロデューサーはクランクインを迎え、「外見は35歳、でも中身は10歳の少女という難しい役を、柴咲コウさんは見事に演じています」「とにかく、主人公・望美は目覚めました!」とコメントを寄せている。

日本テレビ情報・制作局 大平太プロデューサー コメント

2年以上前から、遊川さんと温めていた『35歳の少女』の撮影が、遂に始まりました。
この企画が始まった頃は、もちろん「コロナ禍」など、想像もしていませんでした。
けれど、どんなに辛い状況でも、何とか前を向いて、小さな希望を見つけながら生きていこうとする主人公の姿は、今の僕たちに、何かを教えてくれるはずです。
外見は、35歳、でも、中身は、10歳の少女という難しい役を、柴咲コウさんは、見事に演じています。
1日も早く、1人でも多く、その姿を観て頂きたいです。
ついに、主人公、望美は、目覚めました!

■放送情報
『35歳の少女』
日本テレビ系にて、10月10日放送スタート 毎週土曜22:00〜22:54放送
出演:柴咲コウ、坂口健太郎、橋本愛、田中哲司、富田靖子、竜星涼、鈴木保奈美
脚本:遊川和彦
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:大平太、諸田景子
演出:猪股隆一ほか
制作協力:AX-ON
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/shojo35/
公式Twitter:@shojo35

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる