柄本明、『監察医 朝顔』続投へ 11月2日から2クール連続放送スタート

柄本明、『監察医 朝顔』続投へ 11月2日から2クール連続放送スタート

 上野樹里が主演を務めるフジテレビ月9ドラマ『監察医 朝顔』の初回放送日が11月2日に決定し、第1シーズンに出演した柄本明の続投が発表された。

 2006年から『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)で連載が始まり、2013年発刊の30巻をもって完結した、法医学者と刑事という異色の父娘を描いた同名医療漫画をドラマ化し、2019年夏クールに放送された『監察医 朝顔』。主人公で法医学者の万木朝顔(上野樹里)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証”が、生きている人たちの心まで救っていくさまを描いた。

 続編では、2019年夏クール放送の第1シーズンと同様に各話で、主人公で法医学者の万木朝顔と、父でベテラン刑事の万木平たちが、かたや解剖、かたや捜査により、さまざまな事件と遺体に相対していく。そして、同時に前作よりも深く、東日本大震災と母の死に朝顔が向き合っていく姿が描かれる。法医学教室メンバー、野毛山署の強行犯係メンバーを演じるキャストたちも続投する。

 柄本が演じるのは、朝顔の母の里子(石田ひかり)の父である嶋田浩之。もともと陽気な性格ではないものの、東日本大震災以来、人が変わってしまったかのように寡黙になる時も。第1シーズンでは、里子の遺体を探しに来る平に冷たく当たっていた浩之だが、後半からは平の思いを受け入れ、自身も里子の遺体を探すように。孫の朝顔とはよく電話をするなど仲が良く、第1シーズンの最後にひ孫のつぐみに初めて会ってからは、目に入れても痛くないほど、つぐみをかわいがっている。            

柄本明 コメント

また孫たちに会えることを、とてもうれしく思います。見ていただければ幸いです。

■放送情報
『監察医 朝顔』
フジテレビ系にて、11月2日(月)よりスタート 毎週月曜21:00〜放送
(2020年秋・2021年冬2クール連続)
出演:上野樹里、時任三郎、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、藤原季節、斉藤陽一郎、坂ノ上茜、田川隼嗣、宮本茉由、加藤柚凪 ・ 戸次重幸、平岩紙、杉本哲太、板尾創路、山口智子、柄本明ほか
原作:『監察医 朝顔』(実業之日本社)
脚本:根本ノンジ
プロデュース:金城綾香
演出:平野眞、阿部雅和
制作:フジテレビ
(c)フジテレビ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる