石田ゆり子、伊勢谷友介、小池栄子、泉谷しげるら、吉永小百合主演映画『いのちの停車場』出演決定

石田ゆり子、伊勢谷友介、小池栄子、泉谷しげるら、吉永小百合主演映画『いのちの停車場』出演決定

 吉永小百合主演映画『いのちの停車場』の追加キャストが発表された。

 南杏子の同名小説を映画化する本作は、今の日本の長寿社会における現代医療制度の問題点、そして尊厳死や安楽死などの医療制度のタブーに正面から向き合い、それらに携わる医師、患者、その家族が織りなす人間模様を描いたヒューマンドラマ。

 原作者の南は都内の終末期医療専門病院に勤務し、命の終りを真摯に見つめる現役医師ながら、2016年に現代の終末期医療の在り方を問うミステリー『サイレント・ブレス』にて作家デビューを飾った。2018年には日本の医療界の現実をえぐりながら、医師たちの成長と挫折を描いたヒューマンサスペンス『ディア・ペイシェント』を発表した。

 吉永が在宅医療を行う医師役を演じ、その父親役に田中泯、在宅医療医師として働く「まほろば診療所」の院長・スタッフである西田敏行、松坂桃李、広瀬すずが、吉永が演じる咲和子を支える共演陣として発表されている。

 女流プロ囲碁棋士で癌を患い手術をしたが、転移が見つかり再発。幼なじみの咲和子を頼ってまほろばを訪れる女性・中川朋子を演じるのは、映画『望み』や『サイレント・トーキョー』など話題作への出演を控える石田ゆり子。吉永と『北の零年』『おとうと』以降、10年ぶりの共演となり、がん患者でありながら、咲和子と幼なじみという難しい関係性を演じる。

 脊髄損傷の四肢麻痺患者で、IT企業の若き社長・江ノ原一誠を演じるのは、『翔んで埼玉』『マチネの終わりに』『とんかつDJアゲ太郎』など数々の話題作に出演する伊勢谷友介。社員のために早期回復に執念を燃やし、咲和子に最先端の治療のコーディネート役を依頼する患者を演じる。

 続いて、末期の肺がん患者で最後まで自分らしくあろうとし、咲和子の指導に反発する芸者・寺田智恵子役を演じるのは、「美食探偵』(日本テレビ系)や、『グッドバイ ~嘘から始まる人生喜劇~』の小池栄子。

 老老介護に限界を感じ、妻の治療をしようとする咲和子らに非協力的な夫・並木徳三郎を、『三匹のおっさん』(テレビ東京系)シリーズや、『後妻業』(フジテレビ系)など数々のヒットドラマに出演してきた泉谷しげるが演じる。

 そして、『半沢直樹』(TBS系)や、数々のドラマでの確かな演技力で視聴者を魅了してきた南野陽子が今回演じるのは、小児癌患者の幼い娘に迫る死を受け入れられず、新薬を使った治療を求める母親、若林祐子。病気と向き合う娘への愛するが故の複雑な感情を持つ母親を演じる。

 さらに、まほろば診療所のスタッフが集う憩いの場、「BAR STATION」のマスター・柳瀬尚也を、NHK『みんなのうた』でおなじみの「山口さんちのツトム君」を作詞・作曲し、リポーター、ラジオパーソナリティー、執筆活動などでマルチな活躍を続けるみなみらんぼうが演じるの。

 最後に、末期の膵臓がん患者で元厚生労働省の官僚・宮嶋一義を演じるのは、TV、映画、CMなど幅広いジャンルで活躍中の柳葉敏郎。最期の時間を平穏に過ごしたいと咲和子らに望んでいるが、長年会えていない息子のことを気がかりに思っている父親の面も持つ役どころとなる。

 今回発表された7名のキャストたちについて、吉永は「今、素晴らしい仲間たちと手をたずさえて歩き出しました。困難を乗り越えて、皆さまの心を打つ作品を作ります」と語っている。

吉永小百合 コメント

今、素晴らしい仲間たちと手をたずさえて歩き出しました。困難を乗り越えて、皆さまの心を打つ作品を作ります。待っていて下さい、私達の映画を。

■公開情報
『いのちの停車場』
2021年全国ロードショー
出演:吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、田中泯、西田敏行
監督:成島出
脚本:平松恵美子
原作:南杏子『いのちの停車場』(幻冬舎)
配給:東映
(c)2021「いのちの停車場」製作委員会

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる