橋本愛、遊川和彦脚本『35歳の少女』で柴咲コウの妹役に 同じシーンでの共演は初

 橋本愛が、10月期の日本テレビ系土曜ドラマ『35歳の少女』に出演することが決定した。

 柴咲コウが主演、遊川和彦が脚本を務める本作は、柴咲にとって同じく遊川が脚本を担当した『〇〇妻』(日本テレビ系)以来、5年ぶりの民放連続ドラマ主演作。柴咲演じる望美の初恋の相手・広瀬結人役を坂口健太郎が務め、『家政婦のミタ』『同期のサクラ』(日本テレビ系)の制作チームが集結する。

 1995年に不慮の事故で突然、長い眠りについた10歳の少女、今村望美(柴咲コウ)。家族は、バラバラになり、初恋の少年は夢をあきらめ、それぞれに孤独な“今”を生きていた。ただ一人、母親だけは、娘の奇跡の生還を信じ、見守り続けた。そして2020年、心は10歳、だけど体は35歳。25年ぶりに少女が目覚めた。すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる、主人公の“時をこえた”成長を描く。

 橋本は、望美の妹・時岡愛美を演じる。姉の事故後、家族を取り巻く環境は激変。愛美は、次第に「自分は姉の代わりになれない」と自分の存在意義に苦しむようになり、姉の目覚めにも素直に喜べない。

 橋本が遊川脚本の連続ドラマに出演するのは、前作『同期のサクラ』以来今回が2度目。また、柴咲と同じ作品に出演するのもドラマ『dele』(テレビ朝日系)以来2度目で、同じシーンでの共演は初めてとなる。

 出演が決定した橋本、プロデューサーの大平太からはコメントが寄せられている。

コメント

橋本愛

35歳の少女、壊れた家族、それぞれの自責。一つの事実にいくつもの事実が発生し、正しさも美しさも隠れて、壊れたものは二度と元には戻らない。闇雲に継ぎ接いで、元の輪郭に整えたとしても、罅(ひび)を無視することはできない。でもきっと、粘り気の強い日々を積み重ねて、煌めきで覆ったら、いつか金継ぎの器のように、壊れたからこそ美しい、何かに変態できるかな。居た堪れないほど失い壊れゆく人生が無数に散らばる世の中で、再生の美を見せつけられたら。
柴咲さん演じる、自分より歳下のお姉ちゃん。どんな心のやり取りが生まれるのか、楽しみです。遊川さんの作品の真ん中にあるのは前回の作品と変わらないな、と思いました。信念とはそういうもの。素晴らしい景色をテレビの向こうに咲かせられるように頑張ります。

日本テレビ情報・制作局 大平太プロデューサー

橋本愛さんとは、昨年『同期のサクラ』で初めてご一緒しましたが、お芝居に対する真摯な姿勢に驚かされました。
姉の事故により、家族を奪われ、複雑な感情を秘めた難しい役ですが、遊川さんの描く「愛美」は、とてもぶっ飛んだポップなキャラクターです。
それを、橋本さんがどう受け止め、演じるかとても楽しみにしています。また、コウさんとの「姉妹競演」も注目しています。

■放送情報
『35歳の少女』
日本テレビ系にて、10月期スタート 毎週土曜22:00〜22:54放送
出演:柴咲コウ、坂口健太郎、橋本愛
脚本:遊川和彦
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:大平太、諸田景子
演出:猪股隆一ほか
制作協力:AX-ON
製作著作:日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/shojo35/
公式Twitter:@shojo35

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる