吉沢亮と杉咲花の爽快&ダークな表情が 『青くて痛くて脆い』場面写真一挙公開

吉沢亮と杉咲花の爽快&ダークな表情が 『青くて痛くて脆い』場面写真一挙公開

 吉沢亮と杉咲花がW主演を務める映画『青くて痛くて脆い』の場面写真が一挙公開された。

 本作は、住野よるの同名小説を映画化する青春サスペンス。“大切な仲間”と“居場所”を奪われた大学生の青年が、嘘と悪意にまみれながら復讐していくさまを描く。

 人付き合いが苦手な大学生・田端楓と、空気の読めない発言ばかりで周囲から浮きまくっている秋好寿乃。まるで正反対なひとりぼっち同士の2人は、「世界を変える」という大それた目標を掲げる秘密結社サークル「モアイ」を作るが、秋好は“この世界”から、いなくなってしまった。秋好の存在亡きあと、モアイは社会人とのコネ作りや企業への媚売りを目的とした意識高い系就活サークルに成り下がってしまう。取り残されてしまった楓の怒り、憎しみ、すべてのんだ感情が暴走していく。楓は、秋好が叶えたかった夢を取り戻すために親友や後輩と手を組み「モアイ奪還計画」を企む。

 他人と距離を置き、その人の人生に立ち入ろうとしない主人公・田端楓を吉沢が演じ、理想を目指すあまり空気の読めない発言を連発するヒロイン・秋好寿乃役を杉咲が務める。メガホンを取ったのは、ドラマ『奇跡の人』(NHK BSプレミアム)、『知らなくていいコト』(日本テレビ)の狩山俊輔。そのほか、岡山天音、松本穂香、清水尋也、森七菜、茅島みずき、光石研、柄本佑が出演する。

 公開された場面写真では、楓と秋好の自撮りシーン、「モアイ」の活動の一環として行った人形劇での一幕やお揃いのモアイTシャツを着て寄り添う和やかな姿や、一変し神妙な面持ちで向かい合う姿、無表情でパソコンに向かう姿や頬に傷を作りどこか切ない面持ちで佇む楓の姿が切り取られている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『青くて痛くて脆い』
8月28日(金)全国東宝系公開
出演:吉沢亮、杉咲花、岡山天音、松本穂香、清水尋也、森七菜、茅島みずき、光石研、柄本佑
監督:狩山俊輔
脚本:杉原憲明
原作:住野よる『青くて痛くて脆い』(KADOKAWA)
制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:東宝
製作幹事:日本テレビ放送網
(c)2020「青くて痛くて脆い」製作委員会
公式サイト:http://aokuteitakutemoroi-movie.jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる