ジャニーズJr. 美 少年、主演ドラマ『真夏の少年』をヒット祈願! 盆踊りのパフォーマンスも披露

ジャニーズJr. 美 少年、主演ドラマ『真夏の少年』をヒット祈願! 盆踊りのパフォーマンスも披露

 7月31日よりテレビ朝日系で放送がスタートするドラマ『真夏の少年~19452020』のヒット祈願と特別取材会が、7月20日にテレビ朝日本社屋上にある“テレビ朝日稲荷”にて行われ、主演を務めたジャニーズJr.の美 少年が参加した。

 本作は、関東にある某地方都市のベッドタウンを舞台に、個性豊かな高校生たちが現代にタイムスリップしてきた“軍人”と織りなすひと夏の成長物語。美 少年のメンバーたちはこれまで、それぞれ単独での連ドラ出演を経験してきたが、美 少年としてグループで連ドラに出演するのは本作が初めてとなる。

 “テレビ朝日稲荷”に集まった美 少年の岩崎大昇、佐藤龍我、那須雄登、浮所飛貴、藤井直樹、金指一世の6人は、それぞれがメンバーカラーの浴衣に身を包み、ヒット祈願を行った。その後場所を移し、屋上の特設ステージでオリジナルの盆踊りも披露。今回の盆踊りの振り付けを考案したのは、メンバー最年長の藤井。Kis-My-Ft2が歌うドラマの主題歌「ENDLESS SUMMER」の盆踊りバージョンに合わせ、6人ともにこやかな表情でパフォーマンスを披露した。

 今回のパフォーマンスについて、振り付けを担当した藤井は「ポイントはサビの無限大マーク! 地元で昔踊っていた盆踊りのことを思い出したり、『ドラえもん音頭』も参考にしたんです!」とこだわりを明かす。実際に踊ってみた那須も「サビの振りがすごくキャッチ―だし、盆踊りを意識した振り付けも多く入っていて、ファンの皆さんも2時間ぐらい集中していただければバッチリ踊れちゃうのでは!?」と感想を語った。

 美 少年による盆踊りスペシャル動画は、この後テレビ朝日公式YouTubeにアップされる。さらに、視聴者の皆からの“踊ってみた動画”も募集し、いずれは「バーチャル盆踊り大会」も実施される予定だ。浮所は「ちっちゃい子でも覚えられる、どの世代にもわかりやすい簡単な振り付けなので、ぜひみんなで踊って、夏を感じてほしいです!」と呼びかけた。

 トークコーナーでは、初めてのヤンキー役に挑む岩崎、佐藤、浮所が役作りでの苦悩を告白。街中でヤンキーを見て参考にしようにも、なかなか見つけられなかったという3人は、過去の漫画や映像作品を見て勉強したそう。中でも浮所は、嵐の松本潤が『ごくせん』(日本テレビ系)で演じた役に感銘を受けたと話し、「松本くんが演じた役のヤンキー感、ヤンチャさ、クールな感じが、僕の今回の役の目標というか理想です」と目を輝かせた。ヤンキーについてネットでも調べたという佐藤は、『ヤンキー やり方』で検索し、歩き方やしゃべり方などを研究したことを明かした。ヤンキーの仕草の中でも特に“ヤンキー座り”に苦労しているという岩崎は「ヤンキー座りをしてると、ありえないところがすごい筋肉痛になって、“これがヤンキー座り筋なのかな?”と驚いています(笑)」と意外な筋肉の使い方に戸惑いを語る。

 一方、博多華丸、水野美紀、長谷川京子との共演シーンも今後続々増えていくであろう那須、藤井、金指。さっそく母親役の水野との共演シーンの撮影があった那須は、「最初は緊張していたのですが、すごく話しかけてくださったので、本番は変に緊張することなくできました。やっぱりカメラが回ったら、水野さんは凄まじいんです。アドリブも多めに取り入れられているので、笑いをこらえるのが大変!」と現場での秘話を語った。

 そして、この取材会で進行役を務めた弘中綾香アナウンサーが、本作にレギュラー出演することが発表された。弘中アナが演じるのは、博多華丸演じる三平三平の妻・佳代。これまでもドラマへの出演は何度かあったものの、レギュラーキャストとしての出演は今回が初となる。弘中アナは、「チームとしてドラマを一緒に盛り上げたい!」と、報道陣を前に意気込みも明かした。

※岩崎大昇の崎は「たつさき」が正式表記

■放送情報
『真夏の少年~19452020』
テレビ朝日系にて、7月31日(金)スタート 毎週金曜23:15〜24:15放送
出演:岩崎大昇、佐藤龍我、那須雄登、浮所飛貴、藤井直樹、金指一世、博多華丸、水野美紀、長谷川京子
脚本:樋口卓治ほか
監督:及川拓郎、竹園元(テレビ朝日)、小野浩司(MMJ)
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー:服部宣之(テレビ朝日)、布施等(MMJ)、森一季(MMJ)
制作:テレビ朝日、MMJ
(c)テレビ朝日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる