松本穂香、金子大地らの想いが交差する 『君が世界のはじまり』予告編&ポスタービジュアル

 7月31日公開の松本穂香主演映画『君が世界のはじまり』より、ポスタービジュアルと予告編が公開された。

 『おいしい家族』で主演を務めた松本とふくだももこ監督の2度目のタッグとなる本作は、ふくだ監督自身が執筆し、デビュー作ながらすばる文学賞佳作を受賞した小説『えん』と『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』を実写化する青春映画。『リンダリンダリンダ』『聖の青春』『愚行録』などの脚本を手がけた向井康介が脚本を担当する。

 公開された予告編では、松本演じる主人公・えんとその幼なじみである琴子(中田青渚)、そして父親に鬱屈とした思いを抱える純(片山友希)と東京からの転校生で、純と関係を持つ伊尾(金子大地)、サッカー部主将で学年で指折りの人気者・岡田(甲斐翔真)、琴子の初恋相手・ナリヒラ(小室ぺい)が、それぞれの印象的なセリフとともに映し出される。「この町は、一方通行の思いばかりだ」という言葉を皮切りに、退屈な町で燻る高校生たちの溢れる想いが交差しはじめ、ある事件が発生。スナックを経営する、琴子の母親役の江口のりこ、純の父親で娘に無視を決め込まれる古舘寛治らの姿も収められている。

 劇中では、「人にやさしく」「キスしてほしい」など、ブルーハーツの楽曲が使用されている。それぞれのキャラクターが印象的に配されたポスタービジュアルにも、「ブルーハーツの歌声で、やっと息ができた」と記載されている。

『君が世界のはじまり』予告編

■公開情報
『君が世界のはじまり』
7月31日(金)テアトル新宿ほか全国ロードショー
出演:松本穂香、中田青渚、片山友希、金子大地、甲斐翔真、小室ぺい、板橋駿谷、山中 崇、正木佐和、森下能幸、江口のりこ、古舘寛治
原作・監督:ふくだももこ『えん』『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』
脚本:向井康介 
企画制作:オフィス・シロウズ
配給:バンダイナムコアーツ 
製作:『君が世界のはじまり』製作委員会 バンダイナムコアーツ アミューズ オフィス・シロウズ
(c)2020『君が世界のはじまり』製作委員会

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる