『リトル・ミス・サンシャイン』7月10日から特別上映決定 今回のためにデジタル素材を作成

『リトル・ミス・サンシャイン』7月10日から特別上映決定 今回のためにデジタル素材を作成

 ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督夫婦のデビュー作『リトル・ミス・サンシャイン』が、7月10日より初デジタル素材で特別公開されることが決定した。

 美少女コンテストのクィーンを夢見る少女とその個性的な家族が、黄色いワゴン車に乗ってコンテスト会場を目指す姿を描く本作。2006年にサンダンス映画祭でプレミア上映され絶賛を受け、米大手映画会社フォックス・サーチライトが当時の史上最高額で劇場配給権を取得した。第79回アカデミー賞では作品部門含む4部門へのノミネートされ、マイケル・アーントにとって初脚本作品にも関わらずアカデミー賞脚本賞を受賞した。

 キャストには、『ゾンビランド』のアビゲイル・ブレスリン、『恋愛小説家』のグレッグ・キニア、『スイス・アーミー・マン』のポール・ダノ、『アルゴ』のアラン・アーキン、『ヘレディタリー/継承』のトニ・コレット、『バイス』のスティーヴ・カレルらが名を連ねている。

 公開当時は35mmプリントでの上映だったが、今回は劇場公開用にデジタル素材を制作。本作初のデジタル上映となる。

■公開情報
『リトル・ミス・サンシャイン』
7月10日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次公開
監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス
脚本:マイケル・アーント
出演:アビゲイル・ブレスリン、グレッグ・キニア、ポール・ダノ、アラン・アーキン、トニ・コレット、スティーヴ・カレル
製作:マーク・タートルトーブ、デイヴィッド・T.フレンドリー、ピーター・サラフ、アルバート・バーガー&ロン・イェルザ
撮影監督:ティム・サーステッド, A.S.C.
音楽:マイケル・ダナ
上映素材:DCP(今回の上映のために製造)
2006年/アメリカ/カラー/シネスコ/100分/PG-12
(c)2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ