竹内愛紗主演ドラマ『シックスティーン症候群』予告映像公開 主題歌は赤い公園に決定

竹内愛紗主演ドラマ『シックスティーン症候群』予告映像公開 主題歌は赤い公園に決定

 6月19日より配信がスタートするFODオリジナルドラマ『シックスティーン』の主題歌を赤い公園、エンディング曲と劇伴をRAM RIDERが担当することが決定。あわせて予告映像が公開された。

 竹内愛紗、板垣瑞生、武田玲奈、ゆうたろうらが共演する本作は、小夏の人気漫画をドラマ化した16歳の物語。ビジュアルも中身も男らしいイケメン女子で、学校では“王子”と呼ばれている高校1年生の東息吹(竹内愛紗)は、見た目も女の子らしく学校で“姫”と呼ばれている幼なじみの織田沢めい(武田玲奈)を自分が守ると決め、常にめいと行動を共にしている。そんな二人の前に浅田睦巳(板垣瑞生)というチャラ男が現れ、最初はゲーム感覚で息吹に興味を示しすが、櫻井直(ゆうたろう)という、男の子なのに、小さく可愛らしい同級生まで現れて、三角関係から四角関係になっていく。

 今回発表となった主題歌は、赤い公園が4月15日に発売した新体制として初となるアルバム『THE PARK』収録の「ジャンキー」。エンディング曲はRAM RIDERの「おやすみ。」となり、本作を彩る劇伴曲のうち17曲を新しく書き下ろした。

『シックスティーン症候群』予告映像

 あわせて公開された予告映像では、ドラマの根幹でもある16歳というアンバランスな世代の姿が描かれ、劣等感、葛藤、恋心、友情など16歳の高校生の4人の登場人物それぞれの感情や想いが映し出されている。

コメント

赤い公園


行き止まりに当たっても、足が止まらないような。この曲を作った時も、今も、私たちはバンド症候群なんだと思います。画面の向こうで確かに存在している、この物語の美しさと共鳴できたような気がしています。それぞれの心にそれぞれの役割で棲みついてくれますように。いぇーい。

RAM RIDER


本作は、純粋なティーンの恋愛模様を描きつつ、性のあり方を超えた人間関係を描くミステリードラマとしても楽しめる不思議な作品です。できるだけストーリーにブレーキをかけないような音楽作りを心がけました。僕としてもはじめての連続ドラマの劇伴ということでオンエアがとても楽しみです。4人の物語を配信日にリアルタイムで見守りたいと思います。

■配信情報
『シックスティーン症候群』
FODにて、6月19日(金)より毎週金曜0:00最新話配信(全8話)
原作:小夏『シックスティーン症候群』(集英社マーガレットコミックス刊)
出演:竹内愛紗、板垣瑞生、武田玲奈、ゆうたろうほか
 脚本:下田悠子
プロデュース:鹿内植
プロデューサー:櫻井雄一(ソケット)
演出:スミス、椿本慶次郎、青木達也
主題歌:赤い公園『ジャンキー』
エンディング:RAM RIDER『おやすみ。』
劇判:RAM RIDER
制作:ソケット
制作著作: フジテレビジョン
(c)小夏/集英社・フジテレビ
公式サイト: https://www.fujitv.co.jp/sixteen_syndrome/
FOD配信ページ:https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4o42/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ