脚本手がけたシャイア・ラブーフが無職の父親役に 『ハニーボーイ』予告編&ポスター公開

 映画『ハニーボーイ』が8月7日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開されることが決定し、あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、父への誤解、争い、トラウマを乗り越え、もがき成長していく一人の少年の愛とユーモアと感動の物語。テレビ業界で人気子役として活躍するオーティスは、無職で“ステージパパ”のジェームズとふたり暮らし。そんな2人は、激しくも特別な絆で結ばれていた。

 『トランスフォーマー』シリーズのシャイア・ラブーフが自身の経験をもとに脚本を執筆し、元ロデオ道化師の父親・ジェームズ役として出演もする。感情的な父親からの愛情と嫉妬と憤りを受ける幼少期のオーティスを『ワンダー 君は太陽』『クワイエット・プレイス』『フォードvsフェラーリ』のノア・ジュプが演じ、10年後の青年期のオーティス役を『マンチェスター・バイ・ザ・シー』『レディ・バード』『スリー・ビルボード』のルーカス・ヘッジズが務める。ドキュメンタリー映画『Bombay Beach(原題)』の女性監督アルマ・ハレルがメガホンを取った。

 公開されたポスタービジュアルでは、西日の柔らかい光に照らされた12歳のオーティスが振り向き、目線を向けた切なげな表情が切り取られており、「大人になった今。ぼくは知った、そこに愛があったことを」とコピーが綴られている。

映画『ハニーボーイ』予告編

 予告編は、ある女性から「父親の思い出」を尋ねられた22歳のオーティスが「父親が俺にくれたのは、“痛み”だけだ」 と頭を抱え、涙ながらに語る様子から始まる。後半では、マネージャーとして付き添う無職で前科者の父・ジェームズに振り回され、愛を感じられないでいたオーティスがフラストレーションを募らせ大声を張り上げる様子や、ジェームズとオーティスが互いの心情を吐露するシーン、オーティスと隣人の少女・シャイガールとの出会いなどが描かれている。

■公開情報
『ハニーボーイ』
8月7日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
監督:アルマ・ハレル
脚本:シャイア・ラブーフ
出演:ノア・ジュプ、ルーカス・ヘッジズ 、シャイア・ラブーフ
配給:ギャガ
原題:Honey Boy/2019年/アメリカ/95分/シネスコ/5.1ch/デジタル/字幕翻訳:栗原とみ子/PG12
(c)2019 HONEY BOY, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:gaga.ne.jp/honeyboy/
Twitter:@HONEYBOY_jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ