一家惨殺事件を映画化したスリラー『アングスト/不安』 製作から37年を経て日本劇場初公開へ

 1980年にオーストリアで実際に起きた殺人鬼ヴェルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラー映画『Angst(原題)』が、『アングスト/不安』の邦題で7月3日より公開されることが決定した。

 本作は、1983年公開当時はその内容により本国オーストリアでは1週間で上映打ち切りとなり、ヨーロッパでも上映禁止、イギリスとドイツではビデオの発売も禁止、アメリカではXXX指定を受けて配給会社が逃げたといういわくつきの作品。アメリカの映画サイト「Taste of Cinema」が選ぶ「史上最もダークなシリアルキラー映画」では、『ヘンリー』『セブン』『ハウス・ジャック・ビルト』などを抑え、堂々の1位を獲得した。

 日本でも劇場公開されず『鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜』というタイトルで1988年にレンタル用VHSが発売されたが、世の中に出回った数は極少、ほぼ誰にも観られることなく地下に埋もれている。

 メガホンを取ったのは、殺人鬼の心理を探るという崇高な野心のもと全額自費で本作を製作したジェラルド・カーグル。本作はその唯一の監督作品となる。不穏なエレクトロサウンドを手がけたのは、元タンジェリン・ドリーム、アシュ・ラ・テンペルの作曲家クラウス・シュルツ。撮影は、アカデミー賞最優秀短編アニメ賞を獲得した『タンゴ』(1981年)やジョン・レノン、ミック・ジャガーらのMVで知られる世界的な映像作家ズビグニェフ・リプチンスキが務めた。

 あわせて公開されたチラシビジュアルは、『U・ボート』『アンダーワールド』のアーウィン・レダー扮する殺人鬼K.が、眼も口も大きく広げ、暗闇で何かを叫ぶ顔を紙面いっぱいのアップで捉えている。カーグル監督も本ビジュアルを気に入り、特に色合いを絶賛、「素晴らしい。見事だ」と表現したという。

■公開情報
『アングスト/不安』
7月3日(金)より、シネマート新宿ほか全国順次公開
監督:ジェラルド・カーグル
撮影・編集:ズビグニェフ・リプチンスキ
音楽:クラウス・シュルツ
出演:アーウィン・レダー、シルヴィア・ラベンレイター、エディット・ロゼット、ルドルフ・ゲッツ
提供:キングレコード
配給・宣伝:アンプラグド
1983年/オーストリア/87分/カラー/ビスタ/R15+/原題:Angst/英題:Fear/仏題:Schizopherenia(統合失調症)/日本VHS発売時題:鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜
(c)1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ