『エール』唐沢寿明も「あさイチ」で直接祝福 家族より夢と音を選んだ裕一の未来はいかに

『エール』唐沢寿明も「あさイチ」で直接祝福 家族より夢と音を選んだ裕一の未来はいかに

 主人公・裕一(窪田正孝)に次々と困難が訪れようとも、個性豊かな登場人物たちがコミカルに彼を支えてきた連続テレビ小説『エール』(NHK総合)。第6週「ふたりの決意」ではうって変わり、裕一の大きな挫折がシリアスに描かれ、一度は手放した音楽や音(二階堂ふみ)との絆が試された。

 音からコロンブスレコードとの契約を持ちかけられてもなお、自分の夢と家族の幸せとの間で揺れ動いていた裕一。答えは出ぬまま、茂兵衛(風間杜夫)に借りた傘を返すために権藤家を訪れた。そこで裕一は、留学を許してくれた茂兵衛と八重(三田和代)の企みを知ってしまう。聞こえてきたのは、「あの子は跡取りさえ作ってくれればいい」という冷たい言葉。自分は権藤家の養子として歓迎されているわけでなければ、跡取りとして期待されているわけでもない。雨に打たれて泥だらけになった裕一は、部屋に帰り子供の頃から大好きだったハーモニカを吹いていた。

 同級生からいじめられた時や徒競走で転んだ時、裕一をいつも励ましてくれた音楽。それにしがみつけば、ガキ大将だった鉄男(中村蒼)や遠く離れた場所に暮らしていた音とも縁を結ぶことができた。多くの人にとってはただの娯楽でも、裕一にとっては生きる糧に他ならない。そのことに気づいた裕一は、上京して作曲家としての道を歩むことを決心した。

 家族の幸せではなく自分の夢を選んだ裕一の決断を、周りの人たちは受け入れることができない。弟の浩次(佐久本宝)だけではなく、密かに恵まれた環境にいる裕一を羨ましく思っていた「喜多一」の店員である志津雄(田中偉登)からも、「あんた強欲だよ」と冷たい言葉をかけられてしまった。けれど、裕一の心はもう揺らがない。自分を愛してくれた家族を捨てる覚悟がなければ、これから厳しい世界で夢を叶えることはできないからだ。

 駅に向かう道中、裕一は豊橋に帰る音を見送ったばかりの三郎(唐沢寿明)に出くわす。裕一から東京に行くことを聞かされ、「俺みでえになんな」と背中を押した三郎。兄弟を相次いで亡くし、家を継ぐしか選択肢しかなかった彼にとって、華やかな夢を追う裕一は自慢の息子だったのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ