大野智の月9初主演ドラマ『鍵のかかった部屋』特別編放送へ 「とても思い出深いドラマです」

大野智の月9初主演ドラマ『鍵のかかった部屋』特別編放送へ 「とても思い出深いドラマです」

 大野智が月9初主演を務めたドラマ『鍵のかかった部屋』の特別編が、5月11日21時からフジテレビ系で放送されることが決定した。

 フジテレビでは、新型コロナウイルス感染拡大に最大限の配慮をするべく、連続ドラマの撮影を休止。それに伴い、4月期月9ドラマ『SUITS/スーツ2』の第3話以降の放送を延期しており、今回同枠にて『鍵のかかった部屋 特別編』が放送されることが決定した。以前より、視聴者から多くの再放送の希望が寄せられており、今回満を持しての放送となる。

 2012年4月期に放送された本作は、大野演じる奇才の防犯オタク・榎本径が、弁護士の青砥純子(戸田恵梨香)と芹沢豪(佐藤浩市)とともに難解な密室事件を解明していく痛快エンターテインメント作品。榎本が、ひょんなことから密室事件の真相解明を依頼される。殺人事件の解決にはまったく興味がないが、「密室」というキーワードを聞くと、表情が変わる榎本。あまり感情を出さない淡々とした語り口調が不気味とも取られがちだが、膨大な知識を持っているのはもちろんのこと、その鋭い洞察力と集中力で、完全犯罪と思われた事件の解決への糸口を、密室を破ることで見出していく。

 放送に合わせて大野からコメントも寄せられた。

大野智 コメント

来週11日(月)よる9時から、僕が主演した『鍵のかかった部屋』の特別編が放送されることになりました。このドラマは、僕が演じる主人公・榎本が密室トリックの謎を解き明かしていくミステリードラマで、僕の月9初主演作でもあるので、とても思い出深いドラマです。榎本がどうやって密室トリックの謎を解き明かしていくのか? ぜひご家族そろって一緒にお考えいただき、楽しんでいただけたらうれしいです。

■放送情報
『鍵のかかった部屋 特別編』
フジテレビ系にて、5月11日(月)21:00~21:54放送
出演:大野智、戸田恵梨香、佐藤浩市ほか
原作:貴志祐介『鍵のかかった部屋』『狐火の家』『硝子のハンマー』(角川文庫)
脚本:相沢友子ほか
演出:松山博昭、加藤裕将、石井祐介
プロデュース:小原一隆
協力プロデュース:中野利幸
制作著作:フジテレビ
(c)フジテレビ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ