全国順次公開中の社会派音楽ドキュメンタリー映画『白い暴動』、4月17日より急遽レンタル配信決定

全国順次公開中の社会派音楽ドキュメンタリー映画『白い暴動』、4月17日より急遽レンタル配信決定

 全国順次公開中のドキュメンタリー映画『白い暴動』が、4月17日より急遽レンタル配信されることが決定した。

 本作は、1970年代後半のイギリスで権力を相手に人種差別撤廃を主張し、やがてザ・クラッシュなど数多くのミュージシャンから支持された若者たちによる運動“ロック・アゲインスト・レイシズム”(略称:RAR)を追った、社会派音楽ドキュメンタリー。RARの活動は、イギリス市民をひとつにし、1978年4月30日に行われた約10万人による世紀の大行進、圧巻の音楽フェスティバルへと繋がっていく。BFIロンドン映画祭2019では最優秀ドキュメンタリー賞を受賞、今年の第70回ベルリン国際映画祭「ジェネレーション部門
14plus」では、スペシャルメンション賞(準グランプリ)を受賞した。

 4月3日に日本公開を迎え、ヒューマントラストシネマ渋谷の公式サイトでは週間アクセスランキングで第1位を獲得していた本作だが、コロナウイルス感染拡大と緊急事態宣言発出により、全国的に上映劇場が休館。作品の鑑賞が難しくなったことを受け、各動画配信サービスでのレンタル配信実施が決まった。

 配信プラットフォームは、アップリンク・クラウド、Amazonプライムビデオ、GYAO!ストア、クランクイン!ビデオ、TSUTAYA TV、dTV、ひかりTVなど。レンタル配信期間は、4月17日から順次スタート、5月15日までの約1カ月間のサービスとなる。

■公開・配信情報
『白い暴動』
全国順次公開中(一部で休映)
4月17日(金)〜5月15日(金)、下記配信プラットフォームにて配信スタート
配信プラットフォーム:アップリンク・クラウド、Amazonプライムビデオ、GYAO!ストア、クランクイン!ビデオ、COCORO VIDEO(ココロビデオ)、TSUTAYA TV、DMM動画、dTV、ひかりTV、ビデオマーケット、ビデックスJP、ムービーフルplus、music.jp、U-NEXT、Rakuten TVほか
※配信開始日、価格は配信サービスによって異なる場合あり。詳しくは各配信サービスにて。
出演:レッド・ソーンダズ、ロジャー・ハドル、ケイト・ウェブ、ザ・クラッシュ、トム・ロビンソン、シャム69、スティール・パルスほか
監督:ルビカ・シャー
配給:ツイン
2019/イギリス/英語/84分/カラー/ビスタ/5.1ch/原題:White Riot/日本語字幕:堀上香/字幕監修:ピーター・バラカン
(c)photograph by Syd Shelton(c)Photograph by Ray Stevenson
公式サイト:whiteriot-movie.com
公式Twitter:@shioribodo

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ