ライアン・レイノルズがゲーム世界のモブキャラに 『フリー・ガイ』8月14日公開決定

 『デッドプール』シリーズのライアン・レイノルズ主演映画『フリー・ガイ』が8月14日に公開されることが決定し、あわせて日本版予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、何でもありのゲームの世界を舞台に、レイノルズが“平凡すぎる”新キャラクターに挑むアクション・エンターテインメント。レイノルズが演じるのは、自分がゲームの世界の住人で、しかもモブキャラだと気づいてしまった男・ガイ。衝撃の事実に気づいてしまったガイは、“正義の味方”になるために立ち上がる。

 監督を務めるのは、『ナイト ミュージアム』シリーズや『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のショーン・レヴィ。脚本は『アベンジャーズ』や『レディ・プレイヤー1』のザック・ペンと『クリスマス・クロニクル』のマット・リーバーマン、音楽は『アナと雪の女王』シリーズのクリストフ・ベックが担当する。

 共演には、『キリング・イヴ/Killing Eve』で第71回エミー賞ドラマ部門主演女優賞を獲得したジョディ・カマーをはじめ、『ジョジョ・ラビット』で監督・脚本・出演の3役をこなしたタイカ・ワイティティ、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』スティーブ役のジョー・キーリーらが名を連ねた。

  公開されたポスタービジュアルには、爆炎の中をコーヒーと金魚鉢を手に笑顔で進むレイノルズの姿が。「主人公になりたい、全てのただの人へ。」とコピーが添えられている。

ライアン・レイノルズ主演映画『フリー・ガイ』予告編

 予告編では、ルール無用、何でもありの暴力に溢れた街で、毎日毎日強盗に襲われる銀行窓口係のガイが、そんな退屈な日常に疑問を抱き、ある日強盗に反撃する。奪い取った眼鏡を掛けてみると、街中に今まで見えていなかったアイテムやミッション、謎な数値があふれていることに気がつき大興奮。この世界はビデオゲームの中で、自分はその“背景モブキャラ”だという事実に気づいたガイが、“正義の味方”になるために立ち上がる姿が描かれる。

■公開情報
『フリー・ガイ』
8月14日(金) 全国ロードショー
監督:ショーン・レヴィ
出演:ライアン・レイノルズ、ジョディ・カマー、ジョー・キーリー、タイカ・ワイティティほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2020 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
公式サイト:movies.co.jp/FreeGuy

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる