EXILE AKIRA、役所広司主演映画『峠 最後のサムライ』出演へ 予告編&ポスターも公開

 役所広司主演映画『峠 最後のサムライ』にEXILE AKIRAが出演することが発表され、あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、司馬遼太郎の小説『峠』を役所主演で映画化するもの。原作の『峠』は、司馬が幕末の風雲児と呼ばれた越後長岡藩家老・河井継之助を描いた作品で、1966年~68年まで『毎日新聞』にて連載、現在までに多数重版され、その累計発行部数は284万部を超えるベストセラーとなっている。なお、『峠』の映像化は本作が初となる。

 監督・脚本を務めるのは、黒澤明の助監督として数々の名作に携わり、初監督作品『雨あがる』で第24回日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか、計8部門で最優秀賞を受賞し、『阿弥陀堂だより』『博士の愛した数式』『明日への遺言』『蜩ノ記』を送り出してきた小泉堯史。

 実力ゆえに一介の武士から越後長岡藩の筆頭家老に抜擢される、“知られざる偉人”河井継之助を役所が演じ、その継之助をいかなる時も信じ、支え続けた妻おすが役には松たか子が名を連ねた。そのほか、田中泯、香川京子、佐々木蔵之介、坂東龍汰、永山絢斗、芳根京子、榎木孝明、渡辺大、矢島健一、山本學、井川比佐志、東出昌大、吉岡秀隆、そして仲代達矢らが出演する。

 今回出演が発表されたEXILE AKIRAは、役所演じる河井継之助の良き理解者として、共に新政府軍と戦う、越後長岡藩家老・山本帯刀を演じる。

 あわせて公開されたポスタービジュアルでは、峠の頂に立ち、険しい眼差しで先を見つめる役所の姿が切り取られており、「幕末の動乱期、百年先の世界を見据えた」というコピーが添えられている。

役所広司主演『峠 最後のサムライ』予告編

 予告編では、深々と頭を下げる役所の姿や、戊辰戦争のシーンなどが捉えられている。

 なお、本作の公開日は9月25日に決定した。

EXILE AKIRA

AKIRA

小泉監督から直々にお手紙をいただき、『峠 最後のサムライ』にかける、なみなみならぬ熱き思いに心を打たれました。
黒澤明監督のDNAが詰った現場で、作品に携われる事に誇りをもって、1分1秒噛みしめながら撮影に挑ませていただきました。
今の時代だからこそ、大切にしなければならないメッセージが強く映し出されている作品だと思います。日本だけでは無く、世界中のたくさんの人々にも観ていただけたら嬉しく思います。

■公開情報
『峠 最後のサムライ』
9月25日(金)全国ロードショー
監督・脚本:小泉堯史
出演:役所広司、松たか子、田中泯、香川京子、佐々木蔵之介、坂東龍汰、永山絢斗、芳根京子、榎木孝明、渡辺大、AKIRA、矢島健一、山本學、井川比佐志、東出昌大、吉岡秀隆、仲代達矢
原作:司馬遼太郎『峠』(新潮文庫刊)
製作:松竹撮影所、ディグ&フェローズ
配給:松竹、アスミック・エース
(c)『峠 最後のサムライ』製作委員会
公式サイト:touge-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる