『SUITS/スーツ2』織田裕二&中島裕翔がクランクイン 前作からのコンビネーションは健在!

『SUITS/スーツ2』織田裕二&中島裕翔がクランクイン 前作からのコンビネーションは健在!

 4月より放送がスタートするフジテレビ月9ドラマ『SUITS/スーツ2』がクランクインした。

 全米メガヒットドラマ『SUITS』のシーズン2が原作となる本作は、2018年10月期に月9ドラマ枠で好評を博した『SUITS/スーツ』の続編。負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午役を織田裕二、経歴詐称の天才青年・鈴木大輔役を中島裕翔が前作に引き続き演じる。

 ドラマのクランクインは2月初旬、都内のスタジオ撮影にて。シーズン1よりパワーアップした「幸村・上杉法律事務所」のスタイリッシュな豪華セットの中で、スタッフが織田と中島を紹介すると、大きな拍手が巻き起こる。そして、2人に続いて紹介された今作のチーフ監督で、『監察医 朝顔』『HERO』など数々のドラマを手がけてきた平野眞は、Wピースで応える。すると、すかさず中島が「Wピースだよ! 蟹江? 蟹江?」と、甲斐のライバルでもある同僚弁護士の名前を出してスタッフの笑いを取るなど、和やかなムードで始まった。

 ファーストシーンは、甲斐がボストンから戻ってきた大輔に「復帰へのリハビリだ」と言って任せた、大手出版社の案件に関するやりとり。「幸村・上杉法律事務所」のクライアントであるこの大手出版社は、元契約社員の女性から「小説のアイデアを盗用された」と訴えられていた。大輔が「完封で勝利を」と言うと、「9回までやるのか?」と甲斐が返す、本作ならではのテンポのよいセリフのやり取りがある甲斐のオフィスでのシーンだ。

 織田と中島は、ワンカット撮影するたびに少し離れた場所にある大型モニターまで移動して演技をチェック。チェックを終え、オフィスのセットに戻る間に織田がセリフを口ずさむと、すぐに自分のセリフを続けて返す中島。また、初日ゆえの緊張からかセリフを間違い、「固い、固い! 緊張してる!」と反省する中島を、織田が何も言わずに肩を組んで一緒にセットに戻る場面もあり、前作から育んできた2人のコンビネーションの良さを感じさせた。

 なお、クランクインをはじめとする撮影メイキングや裏話は、公式サイトや公式SNSでも随時紹介される。

■公開情報
『SUITS/スーツ2』
フジテレビ系にて、4月スタート 毎週月曜21:00~21:54放送
出演:織田裕二、中島裕翔ほか
原作:『SUITS』NBC Universal製作
脚本:小峯裕之
演出:平野眞、森脇智延、星野和成
プロデュース:後藤博幸、荒井俊雄
制作著作:フジテレビ
(c)フジテレビ
公式サイト:http://www.fujitv.co.jp/SUITS2/
公式Twitter:@drama_suits
公式Instagram:@drama_suits

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ