織田裕二と中村アンの信頼関係が光る 『SUITS/スーツ』自分自身と向き合う最終話に

織田裕二と中村アンの信頼関係が光る 『SUITS/スーツ』自分自身と向き合う最終話に

 最終章と題して幕を開けた『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)第10話では、甲斐(織田裕二)が過去の自分と向き合う出来事が起こる。

  甲斐の元には、2人の男が近づいていた。ひとりは、甲斐の検事時代の元上司で、最高検次長検事の柳慎次(國村隼)。柳は、10年前に裁判を有利に進めるため、証拠を隠したという不正の疑惑がかかっていた。柳への捜査は、かつて柳を恩師として慕っていた甲斐のもとにも迫っていたのだ。しかし、柳は「ただの脅しだ」と、自分が最高検の次期トップになることに不満を持つ者たちの仕業であり、検察内部の権力闘争にすぎないと甲斐に告げる。そして、「君が私の味方でいてくれるか確認したかった」と伝えるのだ。

 甲斐の元の現れたもうひとりが、最高検の監察指導部の澤田仁志(市川海老蔵)。澤田は甲斐の検事時代の後輩であり、柳の不正の裏をとるべく、当時、柳と親密にしていた甲斐に近づいてきた。甲斐は、柳の不正の証拠となる資料を渡せば協力すると澤田に告げる。そして、その資料から、自らが検事時代に担当した殺人事件が冤罪だったことを知る。当時、その事件の重要な証拠を柳が隠蔽していたのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる