山本舞香、賀来賢人主演『死にたい夜にかぎって』ヒロイン役に 玉城ティナ、安達祐実らも出演

 MBS/TBSドラマイズム枠で2月下旬より放送がスタートする賀来賢人主演ドラマ『死にたい夜にかぎって』の追加キャストが発表された。

 本作は、Webサイト『日刊SPA!』の連載エッセイを“恋愛エピソード”を中心に再構築した、爪切男の同名小説を実写ドラマ化するもの。憧れのクラスメイトに「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。カナブンとかの裏側みたい」と指摘された少年は、この日を境にうまく笑えなくなった。幼くして母に捨てられた男、小野浩史が、さまざまな女たちとの出会いを通じ、ときにぶつかり合い、たまに逃げたりしながら、少しずつ笑顔を取り戻していくという、もの悲しくもユーモアあふれる物語だ。初恋の相手は自転車泥棒、初体験の相手は車椅子の女性。そして浩史が人生で一番愛した女性・アスカは、変態に唾を売って生計を立てていた。そんなどうしようもない男が、人生最愛女性アスカと過ごした6年間を中心に、過激な女性たちに振り回された、ろくでもない半生を描く。

 このたび、主人公・小野浩史役で主演を務める賀来に続く追加キャストとして、山本舞香、戸塚純貴、今井隆文、青木柚、櫻井健人、玉城ティナ、小西桜子、中村里帆、安達祐実、光石研の10名が発表された。

 山本は、浩史の人生最愛の彼女で、変態に“唾を売って”生計を立てるヒロイン・橋本アスカ役でヒロインを務める。そして、編集長を務める浩史の元で働く部下でラッパーの黒田役に戸塚、レブロン役に今井、CRAZY舌役に櫻井が決定。浩史を振り回す女性陣には、「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね」と言い放った、高校で一番かわいい女子生徒・山村役に玉城、浩史の部下で、浩史に想いを寄せアタックし続ける赤毛のヤリマンラッパー・岡田役に小西、初恋の相手で自転車泥棒の吉野役に中村、浩史の初体験の相手で、出会い系サイトに生きる車椅子のミキ役に安達が名を連ねた。さらに、高校時代の浩史役を青木、数々のアマレスリングで優勝し、浩史を鉄拳制裁で育てる父役を光石が演じる。

 また、ポスタービジュアルとドラマオリジナルロゴも公開。様々な女性に翻弄され、時に傷つききながらも、世界で一番大事な女性・アスカと出会い前向きに生きる浩史と、自由奔放さをもちながらも、浩史と出会うことで生き方を変えようとするアスカとの、日々の様子を切り取ったビジュアルとなっている。

 さらに、オープニング主題歌が、ましのみの書き下ろし楽曲「7」に決定した。

 ヒロインのアスカを演じる山本と、オープニング主題歌を担当するましのみからはコメントが寄せられている。

Arrow
Arrow
(左上から時計回りに)青木柚、今井隆文、戸塚純貴、櫻井健人、光石研、安達祐実、中村里帆、玉城ティナ、小西桜子
ArrowArrow
Slider

山本舞香 コメント

今回演じるアスカはすごく可愛らしさもあるけど心の病を持っている子です。
このような役は初めてなので気合い入ってます!
村尾監督とは9年ぶりにご一緒するので凄く楽しみです。
監督はじめ、スタッフの方々もとても良い方ばかりなので楽しく撮影できそうです。
しっかりと台本を読み込んで自分なりに役を作り演じていけたらと思っています。

ましのみ コメント

未来どころか、目の前の今でさえ霧がかっていてよくみえない。向き合う事すら諦めたくなるような鬱々とした日々の中で急にとてつもない不安に襲われたりする夜もあります。
—-6でもないラッキーセブンの7(ナナ)—-
まだ何者でもない僕らが少しでも “まあいいか” の口癖で楽になれるように。見上げた夜空で輝く星のように、この曲があなたにとって1つの救いになれたら嬉しいです。
ろくでもない僕らに幸がありますように。
ましのみ

■放送・配信情報
MBS/TBSドラマイズム『死にたい夜にかぎって』
MBS:2月23日(日)スタート 毎週日曜24:50~
TBS:2月25日(火)スタート 毎週火曜25:28~
2月25日(火)TBS放送終了後より、TSUTAYAプレミアムにて独占配信開始(他社見逃し配信を除く)
出演:賀来賢人、山本舞香、戸塚純貴、今井隆文、青木柚、櫻井健人、玉城ティナ、小西桜子、中村里帆、安達祐実、光石研
原作:爪切男『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)
監督:村尾嘉昭
脚本:加藤拓也
制作:TBSスパークル
製作:カルチュア・エンタテインメント、MBS
(c)2020「死にたい夜にかぎって」製作委員会・MBS (c)爪切男/扶桑社
公式サイト:https://www.mbs.jp/shinitai_yoruni/
公式Twitter:@shinitai_yoruni
公式Instagram:shinitai_yoruni

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる