坂口健太郎と永野芽郁の脱出を阻む“いくつもの謎” 『仮面病棟』UVERworldの主題歌入り本予告

 2020年3月6日公開の坂口健太郎単独初主演映画『仮面病棟』より、本ポスターとUVERworldが書き下ろした主題歌入り本予告が公開された。

 知念実希人のベストセラー同名小説を映画化する本作は、一夜限りの当直医の速水(坂口健太郎)と凶悪犯に撃たれケガを負った女子大生の瞳(永野芽郁)が、病院から脱出を試みるノンストップ脱出ミステリー。

 主演の坂口が、不慮の事故で婚約者を亡くした過去を隠し、事件に巻き込まれる主人公の医師・速水秀悟役を務める。そしてヒロイン役となる永野が、偶然ピエロ面の凶悪犯に撃たれ傷を負った女子大生の川崎瞳を演じる。ドラマ『99.9 -刑事専門弁護士-』(TBS系)、映画『屍人荘の殺人』の木村ひさし監督がメガホンを取る。

 公開された本ポスターでは、こちらを見据える坂口演じる速水と永野演じる瞳の間に、怪しくピエロが佇む。さらに、数々の“謎”も散りばめられている。

 

映画『仮面病棟』本予告

 本予告では、銃を持ちピエロの仮面をかぶった目的不明の凶悪犯に占拠された病院からの脱出を試みる、速水と瞳の緊迫感溢れる様子が収められている。「あなただけなんです、あの病院で起きたことを目撃したのは…」という衝撃の展開を予感させる取調室でのシーンから始まり、目の前に現れる「入院記録のない患者」「警察に通報しない病院スタッフ」「あるはずのない病室」をはじめとする“いくつもの謎”に翻弄されていく2人。それらの謎を追ううちに、次第に明るみになる想像を絶する深い闇、そして国家ぐるみの巨大な陰謀、最後にはピエロに銃口を突き付けられる瞳と、鉄格子越しに叫ぶ速水の姿が映し出される。

 坂口と永野は本予告について、「色んな所にとっても伏線があったりとか、実はこういう事だったんだとか、この時の表情はこういう事だったんだとか、謎解きを凄く楽しみに観てほしい」とコメント。

 さらに、UVERworldが今作のために書き下ろした主題歌「AS ONE」もお披露目となった。楽曲についてボーカルのTAKUYA∞は、「『AS ONE』は陰と陽、正義と悪も生じるところは全て同じ、表裏一体であることを表現している。映画の世界観にある疾走感を混ぜたかった」と語っている。

 なお、本作は、毎日“無料”で読める「LINEマンガ」でも、マンガ版『仮面病棟』として連載中だ。

■公開情報
『仮面病棟』
2020年3月6日(金)全国公開
出演:坂口健太郎、永野芽郁、内田理央、江口のりこ、大谷亮平、高嶋政伸
監督:木村ひさし
原作:知念実希人『仮面病棟』(実業之日本社文庫)
脚本:知念実希人、木村ひさし
脚本協力:小山正太、江良至
音楽:やまだ豊
主題歌:UVERworld「AS ONE」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
製作プロダクション:ファインエンターテイメント
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2020 映画「仮面病棟」製作委員会
公式サイト:kamen-byoto.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる