北村一輝に残されたわずかな時間 『スカーレット』家族は悲しい現実とどう向き合うか

北村一輝に残されたわずかな時間 『スカーレット』家族は悲しい現実とどう向き合うか

 昭和40年夏。喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)の間には4歳になる息子・武志が。喜美子は食器をたくさん作って、家計を支えていた。NHKの連続テレビ小説『スカーレット』が13週目を迎え、喜美子たちが穏やかな日々を過ごす中、常治(北村一輝)の体調が悪く、もう長くないことが明かされた。

 喜美子と八郎の息子・武志はやんちゃで明るい。その無邪気な姿や、おねしょを「雨が降ったんや!」と言い張る少々意地っ張りな性格は、喜美子と常治譲りだ。

 武志はマツ(富田靖子)や百合子(福田麻由子)に元気よく挨拶すると、寝ている常治の腹に乗っかって起こした。そんな武志に優しく笑いかける常治だったが、以前と違い、その姿はとても弱々しい。八郎も常治の違和感に気づいており、病院へ連れて行くよう喜美子を促した。

 ある日、八郎は川原家に遊びに来た照子(大島優子)から、常治が一人で病院へ行き、医者の話を聞いて涙を流していたことを打ち明けられる。「全部一人で自分の病気のこと背負ってはる」と訴える照子だが、今まで話せなかったのは常治に口止めされていたからだった。常治は照子の腕を強く掴むと「喜美子に言うな、言うてくれるな、絶対言うな」と念押ししたという。

 喜美子やマツ、百合子は常治が長くないことをまだ知らない。しかし視聴者は、涙ながらに真実を伝えた照子を通して、常治の病状を知っている。縁側での喜美子と常治のやりとりは和気藹々としていたが、戸田と北村が互いに送る視線から、父を心配する娘の優しさと、娘の前で気丈に振る舞う父の優しさが伝わり、どこか切なさを感じるシーンとなった。

 八郎は照子から聞いた話を喜美子と百合子に話す。事実を受け入れたくない喜美子の「もう楽しいことやないやん、悲しいことや。そんなん聞きたないわ! しんどい!」という台詞が心苦しい。だが、八郎の「一番しんどいのはお義父さんや」の訴えに、喜美子も百合子も覚悟を決めたようだった。

 最後に映し出された喜美子と百合子の背中からは、事実を受け入れるしかない悲しみが滲んでいた。けれど、常治の残りわずかな時間を大切に過ごすことは、家族全員のためになる。

 悲しい現実に向き合うことになった第13週初日。しかしこの出来事が、タイトルである「愛いっぱいの器」を生み出すことになるのだろう。

■片山香帆
1991年生まれ。東京都在住のライター兼絵描き。映画含む芸術が死ぬほど好き。大学時代は演劇に明け暮れていた。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『スカーレット』
NHK総合にて、2019年9月30日(月)〜2020年3月放送予定
出演:戸田恵梨香、北村一輝、富田靖子、松下洸平、桜庭ななみ、福田麻由子、マギーほか
脚本:水橋文美江
制作統括:内田ゆき
プロデューサー:長谷知記
演出:中島由貴、佐藤譲
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/scarlet/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる