クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』一般試写会に20組40名様をご招待

クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』一般試写会に20組40名様をご招待

 映画『リチャード・ジュエル』が、2020年1月17日より全国公開される。

 『アメリカン・スナイパー』(2014年)、『ハドソン川の奇跡』(2016年)、『15時17分、パリ行き』(2018年)、『運び屋』(2018年)と、実話を基に“衝撃の真実”を描いてきたクリント・イーストウッド監督の40本目となる最新作は、1996年のアトランタ・オリンピックで起こった爆破テロ事件の“真実”を描いた物語。

 アトランタ・オリンピック開催中に爆破テロ事件が勃発。不審なバックを発見した警備員リチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)の迅速な通報によって、数多くの力で多くの人命が救われた。だが、爆弾の第一発見者であることでFBIから疑われ、第一容疑者として逮捕されてしまう。ジュエルの窮地に立ち上がった弁護士のワトソン・ブライアント(サム・ロックウェル)は、この捜査に異を唱えるのだが……。

 リアルサウンド映画部では、2020年1月7日にニッショーホールで行われる本作の一般試写会に20組40名様をご招待。概要・応募方法は以下のとおり。

『リチャード・ジュエル』一般試写会

日時:2020年1月7日(火)18:00開場/18:30開映
場所:ニッショーホール(港区虎ノ門2-9-16 日本消防会館)

■公開情報
『リチャード・ジュエル』
2020年1月17日(金)より全国ロードショー
出演:サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、ポール・ウォルター・ハウザー、オリビア・ワイルド、ジョン・ハム
監督・製作:クリント・イーストウッド
原作:マリー・ブレナー、バニティ・フェア 『American Nightmare: The Ballad of Richard Jewell』
脚本:ビリー・レイ
製作:ティム・ムーア、ジェシカ・マイヤー、ケビン・ミッシャー、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・デイビソン、ジョナ・ヒル
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
公式サイト:richard-jewell.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ