宮崎駿監督『天空の城ラピュタ』、イオンシネマ シアタス調布で9日間にわたって上映決定

 2020年2月14日より3月8日まで開催される「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」にて、『天空の城ラピュタ』のスクリーン上映が決定した。

 本作は、1986年に公開された宮崎駿監督によるスタジオジブリ制作の劇場版長編アニメーション。前回、本フェスティバルでは、2019年3月2日~10日の9日間にわたり、スタジオジブリ作品『風の谷のナウシカ』がイオンシネマ シアタス調布で上映された。

 今回上映が決定した『天空の城ラピュタ』も、9日間にわたり、イオンシネマ シアタス調布で上映される。526席のスクリーン10での上映では、幅約20メートルの大型スクリーンの高画質映像と、イオンシネマ独自の4ウェイ立体音響システム「ULTIRA」の組み合わせで、臨場感あるサウンドと迫力満点の映像で上映される。

■公開情報
『天空の城ラピュタ』
2020年2月29日(土)~3月8日(日)
※上映時間はWEBサイト参照                 
会場:イオンシネマ シアタス調布 スクリーン10ほか(全席指定) 
料金:大人、大学生1,100円/小学生~高校生1,000円/幼児900円
※各種割引、無料鑑賞券、ACチケットの使用は出来ません
チケット販売日時:2019年12月23日(月)e席リザーブ0:15~ 劇場窓口8:00~ 
チケット購入サイト:https://www.aeoncinema.com/cinema/chofu/
(c)1986 Studio Ghibli

■開催概要
「映画のまち調布 シネマフェスティバル2020」
開催期間:2020年2月14日(金)~3月8日(日) 
開催会場:調布市文化会館たづくり、調布市グリーンホール、イオンシネマ シアタス調布
主催:(公財)調布市文化・コミュニティ振興財団/調布市
企画・運営:映画のまち調布 シネマフェスティバル2020実行委員会
公式サイト:https://chofucinemafestival.com/contents/12820

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ