カニエ・ウェストのIMAX映画『ジーザス・イズ・キング』、グランドシネマサンシャインで限定公開

カニエ・ウェストのIMAX映画『ジーザス・イズ・キング』、グランドシネマサンシャインで限定公開

 カニエ・ウェストのドキュメンタリー映画『ジーザス・イズ・キング』が、12月6日より3日間、池袋グランドシネマサンシャインにて限定公開されることが決定し、あわせて日本版特報とメイキング映像が公開された。

 本作は、アリゾナ州北部の都市・フラッグスタッフのペインテッド砂漠にある、アーティストのジェームズ・タレルによる大規模アート・インスタレーション「ローデン・クレーター」で行なわれた、カニエの人気ゴスペル・イベント「サンデーサービス」のパフォーマンスを、今夏に収録したもの。本作が「ローデン・クレーター」の内部を撮影した世界初公開の映像となり、カニエ自身が所有するワイオミング州のコーディにある牧場でも撮影された。

 「ローデン・クレーター」は、死火山の噴火口とその周囲を、天文台につくり変えるプロジェクトで、1972年から天文学者や建築家らとともに制作を開始。半世紀近く経った今でも未だ完成しておらず、ジェームズ・タレルのライフワーク・プロジェクトとなっている。これまでもアートや建築に深い造詣を持つことで知られているカニエだが、昨年12月に「ローデン・クレーター」を訪れたり、今年1月には「ローデン・クレーター」プロジェクトへ 1000万ドルもの巨額の寄付を行なったことが明らかになっている。

 本作では、最新アルバム『ジーザス・イズ・キング』の収録曲はもちろん、カニエによってアレンジされた伝統的なゴスペル13曲をサンデーサービス聖歌隊が演奏。IMAX限定で公開される本作は、IMAXの臨場感溢れるサウンドと鮮明な映像を体験できる。以前からカニエのミュージックビデオを手がけてきた、イギリス人フォトグラファーのニック・ナイトが監督を務めた。

『ジーザス・イズ・キング』特報

 特報では、最新アルバム収録曲「Selah」に乗せて、本作のオープニングにもなっている「ローデン・クレーター」の空撮映像から始まり、「ローデン・クレーター」内部やゴスペル聖歌隊の映像が描かれている。

『ジーザス・イズ・キング』メイキング映像

 メイキング映像では、「自分は伝道師でゴスペルを広めることが使命」と語るカニエのナレーションや、撮影方法について語るタレル、歌唱するゴスペル聖歌隊をニック・ナイトとともに自ら撮影しスタジオでMA作業をするカニエの姿のほか、マルコによる福音書からの言葉などが映し出されている。

 また、この限定公開を記念し入場者プレゼントも決定。IMAX限定絵柄の『ジーザス・イズ・キング』ポスターが先着で150名様にプレゼントされる。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『ジーザス・イズ・キング』
12月6日(金)〜12月8日(日)、グランドシネマサンシャインにて3日間限定公開
製作:カニエ・ウェスト
監督:ニック・ナイト
出演:カニエ・ウェスト、サンデーサービス聖歌隊(The Sunday Service Choir)
製作総指揮:ダミエン・スミス
IMAX製作:ジョナサン・ジョセル
主題歌・挿入歌:「SELAH” (IMAX VERSION)」「SAY YOU WILL」他11曲
配給:IMAX
2019/31分38秒/カラー/英語/アメリカ/G/原題・英題:Jesus is King
(c)2019 IMAX Corporation and West Brands, LLC. All Rights Reserved. Roden Crater(c)James Turrell
公式サイト:https://jesusisking.imax.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ