夏帆を取り巻く妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗ら3人の男たちの姿が 映画『Red』予告編公開

 夏帆と妻夫木聡が共演する映画『Red』より、ポスタービジュアルと予告編が公開された。

 本作は、直木賞作家・島本理生の同名小説を『幼な子われらに生まれ』の三島有紀子監督が映画化したもの。平凡な結婚、可愛い娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子は、10年ぶりに、かつて愛した男・鞍田秋彦に再会する。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを少しずつほどいていく。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった結末とは。

 主人公の塔子を夏帆が演じ、危うい魅力をまとう塔子の昔の恋人・鞍田役を妻夫木が務める。また、柄本佑が主人公・塔子に好意を抱く職場の同僚・小鷹淳、間宮祥太朗が塔子の夫・村主真役をそれぞれ務める。

 ポスタービジュアルには「愛することが、生きることだった。」のコピーとともに、本当に愛する人・鞍田に再会してしまった塔子が、抗いながらも、惹かれ、堕ちていく瞬間が切り取られている。

『Red』予告編

 予告編では、塔子と鞍田の激しい恋愛、そして塔子と彼女をとりまく3人の男たちが描かれる。10年ぶりの再会を果たし、塔子の心にそっと寄り添い入ってくる「かつて激しく愛した男」の鞍田を中心に、彼女の本心を「見透かしてくる同僚」の小鷹、塔子をまっすぐ愛するが故に「理想を押しつける夫」の真、それぞれの男性がさまざまな塔子へ愛の眼差しを向けている。

■公開情報
『Red』
2020年2月21日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー
出演:夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗
監督:三島有紀子
原作:島本理生『Red』(中公文庫)
脚本:池田千尋、三島有紀子
企画・製作幹事・配給:日活
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
企画協力:フラミンゴ
(c)2020『Red』製作委員会
公式サイト:https://redmovie.jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ