ブライアン・デ・パルマ監督最新作『ドミノ 復讐の咆哮』来年2月公開 ある殺人が国際的テロ事件に

ブライアン・デ・パルマ監督最新作『ドミノ 復讐の咆哮』来年2月公開 ある殺人が国際的テロ事件に

 ブライアン・デ・パルマ監督最新作『Domino(原題)』が、『ドミノ 復讐の咆哮』の邦題で2020年2月14日より全国順次公開されることが決定した。

 本作は、デ・パルマ監督の日本公開作品としては『パッション』以来となる、8年振りのサスペンス・アクション。北欧デンマーク~ヨーロッパ・スペインを舞台に、米国CIAやISISをも巻き込んだ国際テロの陰謀に、2人の刑事が立ち向かう。主人公の刑事クリスチャン役を、『オブリビオン』『ゲーム・オブ・スローンズ』のニコライ・コスター=ワルドーが務め、主人公と共にテロ組織を追う相棒刑事アレックス役を、同じく『ゲーム・オブ・スローンズ』のカリス・ファン・ハウテンが演じる。謎のCIAの男・ジョー役で、『ハート・ロッカー』『英国王のスピーチ』のガイ・ピアースが出演する。

 デンマーク市警の刑事クリスチャン(ニコライ・コスター=ワルドー)とラース(ソーレン・マリン)は、市内パトロール中にある殺人事件に遭遇。クリスチャンは、犯人タルジを取り押さたが、隙を衝かれた際に、同僚ラースが重傷を負い、さらには謎の男たちに犯人を連れ去られてしまう。拳銃の不携帯という自身のミスでラースを危険に晒したクリスチャンだったが、自身への失望と怒りから、上司からの謹慎処分を無視、同僚の女刑事アレックスと共に元特殊部隊員の過去を持つ犯人・タルジを追う。その頃タルジは、事件の際に、米国CIAの男・ジョー(ガイ・ピアース)らに拉致され、家族を人質に、あるミッションを命じられていた。

■公開情報
『ドミノ 復讐の咆哮』
2020年2月14日(金)より、シネマート新宿&心斎橋ほか全国順次公開
監督:ブライアン・デ・パルマ
製作:タラ・モーロス
脚本:ベッター・スカヴラン
出演:ニコライ・コスター=ワルドー、カリス・ファン・ハウテン、ガイ・ピアース、ソーレン・マリンほか
配給:トランスフォーマー
2019年/デンマーク、フランス、イタリア、ベルギー、オランダ合作/英語/89分/DCP/カラー/ビスタ/5.1ch/原題:Domino/日本語字幕:ブレインウッズ/後援:デンマーク大使館
(c)2019 Schonne Film IVS

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ