シシド・カフカ、NHKドラマ10『ハムラアキラ』でドラマ初主演 「夢にも思っていなかった」

 シシド・カフカがドラマ初主演を務めるNHKドラマ10『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』が、2020年1月24日より放送されることが決定した。

 ミステリー作家・若竹七海が20年以上に渡って描いてきた「女探偵・葉村晶シリーズ」初のテレビドラマ化となる本作は、新時代の“探偵物語”。主人公・葉村晶は34歳の独身で、ミステリー好き、質素な生活を過ごし、訳ありの転職、転居を十数回重ねていた。今はミステリー専門書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」のバイト兼、書店のオーナーが冗談で始めた「白熊探偵社」の調査員として働いており、何かと災難に巻き込まれる彼女を、人は面白がって「世界で最も不運な探偵」と呼ぶ。「女はタフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない」という言葉を実践していく主人公の活躍を、大胆に、スタイリッシュに描く。

シシド・カフカ コメント

最初に主演というお話を頂いた際は、“まさか自分が”と夢にも思っていなかったので驚きました。ハムラアキラについては、探偵役ということで今までに演じてきた役柄とは、また違った印象ですが、探偵という仕事柄、私生活からゆるみのないところなどは自分と共感する一面もあります。クランクインにあたって、リズム感や間合い、ライブ感を楽しみつつ、これから自分の中でのハムラアキラを膨らませていきたいと思います。

■放送情報
NHKドラマ10『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』
NHK総合にて、2020年1月24日(金)スタート 22:00〜22:49(連続7回)
原作:若竹七海
脚本:黒沢久子、木田紀生
音楽:菊地成孔
主演:シシド・カフカ
制作統括:三鬼一希
演出:大橋守、増田靜雄、中村周祐

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ