「週末映画館でこれ観よう!」今週の編集部オススメ映画は『ジェミニマン』

 リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は、体が2つ欲しい島田が『ジェミニマン』をプッシュします。

『ジェミニマン』

 日本でも大人気のウィル・スミス主演映画『ジェミニマン』が公開です。『ジェミニマン』は最強スナイパーとして活動していながら、どこかそこに虚しさも覚え、リタイヤも考えている主人公・ヘンリーが、自身の若きクローンと対峙するというストーリー。

 とにかく本作ですごいのが、テクノロジーを駆使した圧倒的な映像。スミスが主人公・ヘンリーとクローンを演じているのですが、ただの一人二役ではありません。ただ、デジタル加工で人を若く見せているという訳ではないんです。クローンは、『ライオン・キング』同様に、完全なるCG(演技をしているのはスミスです)で、容姿は90年代のスミス、演技は現在のスミス……という名探偵コナンのようなキャラクターを作り上げています。監督のアン・リー曰く、スミスのクローンの予算には、スミスの2倍のお金がかかっているそうです。

 さらに、3Dカメラの120フレームで撮影(普通は24フレーム)。今まで見たことがないような、ヌルッとしたスムーズな動きを見せる映像に仕上がっており、「映画」の概念を覆すかのようです。これは是非、劇場かつ3Dで体感していただきたい。これにサヴァンナ、ブタペスト、カルタヘナといった世界有数の観光スポットでの撮影、魅力的なアクションシーンの数々が加わるのだから、ものすごいスペクタクルです。

 最新テクノロジーを活かした映像とアクションシーンはもちろん、ストーリーテリングも見どころ。人は過去、そして自分自身とどのように向き合っていくのか……そうしたメッセージも垣間見えます。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ