アップリンク京都、2020年春開業 4スクリーン、計215席のミニシアター・コンプレックスに

アップリンク京都、2020年春開業 4スクリーン、計215席のミニシアター・コンプレックスに

 アップリンク京都が、2020年春(予定)に開業することが決定した。

 地下鉄・烏丸御池駅直結で、アジア初進出となる「エースホテル京都」の出店が決まっている「新風館再開発計画」(事業主:NTT都市開発株式会社)の地下1階に開業する「アップリンク京都」は、4つのスクリーン、計215席で構成予定。73席のシアター1、60席のシアター2、44席のシアター3、38席のシアター4という4つのコンパクトなスクリーンで、それぞれコンセプトの異なる内装と、「アップリンク吉祥寺」で高い評価を得た独自の音響システムを導入した、ミニシアター・コンプレックスとなる。

 アップリンクとしては、2005年から東京・渋谷で運営しているミニシアター「アップリンク渋谷」、2018年末に吉祥寺パルコ地下2階にオープンした「アップリンク吉祥寺」に次ぐ、3館目の映画館となる。

■施設概要
「アップリンク京都」
所在地:京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2外 地下1階
事業者:有限会社アップリンク
スクリーン数(予定):4スクリーン
座席数(予定):計215席
スクリーン1:73席
スクリーン2:60席
スクリーン3:44席
スクリーン4:38席
オープン予定:2020年春(予定)
設計:アビエルタ建築・都市 北嶋祥浩

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ