パオロ・ソレンティーノ監督最新作『LORO 欲望のイタリア』一般試写会に5組10名様をご招待

 パオロ・ソレンティーノ監督最新作『LORO 欲望のイタリア』が11月15日に公開される。

 本作は、『グレート・ビューティー/追憶のローマ』『グランドフィナーレ』のソレンティーノ監督が、スキャンダルにまみれたイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニをモデルに描いたドラマ。

 時は2006年。因縁の政敵に敗北し失脚したベルルスコーニは、首相の座に返り咲くときを虎視眈々と狙っていた。政治とカネ、マフィアとの癒着、職権乱用は朝飯前。燃え尽きることなき野心と共に、いよいよ怪物が動き出す。

「当時のベルルスコーニに蠢いていた“感情”の正体を知りたい欲求に突き動かされた」というソレンティーノ監督が、ひとりの男の勝利への願望、成功への執着、そして愛の挫折を、めくるめく狂乱と絢爛の世界に映し出していく。

 リアルサウンド映画部では、10月31日にイタリア文化会館 アニェッリホールで行われる本作の一般試写会に5組10名様をご招待。概要・応募方法は以下のとおり。

『LORO 欲望のイタリア』一般試写会概要

日時:10月31日(木)18:00開場/18:30開演
場所:イタリア文化会館 アニェッリホール(東京都千代田区九段南2-1-30)
※トークショーを実施予定です。
※会場内ではマスコミ各社の取材による撮影の可能性があり、テレビ・雑誌・ホームページ等にて放映・掲載される場合がございます。ご了承くださいませ。

応募方法

リアルサウンド映画部の公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRTのみ。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。

<リアルサウンド映画部 公式Twitter>
https://twitter.com/realsound_m

<応募締め切り>
10月23日(水)

■公開情報
『LORO 欲望のイタリア』
11月15日(金)よりBunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
監督:パオロ・ソレンティーノ
出演:トニ・セルヴィッロ、エレナ・ソフィア・リッチ、リッカルド・スカマルチョ
配給:トランスフォーマー
R-15+/2018年/イタリア/イタリア語/157分/原題:Loro/日本語字幕:岡本太郎
(c)2018 INDIGO FILM PATHE FILMS FRANCE 2 CINEMA

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ