『スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』12月公開決定 ひき逃げ専門捜査班の活躍を描く

『スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』12月公開決定 ひき逃げ専門捜査班の活躍を描く

 『神と共に 第二章:因と縁』『新感染 ファイナル・エクスプレス』『毒戦 BELIEVER』『The Witch/魔女』『アシュラ』 を製作したスタッフが手がける映画『Hit-and-Run Squad(英題)』が、『スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』の邦題で、12月13日よりシネマート新宿・心斎橋ほかにて全国順次ロードショーされることが決定。あわせて場面写真が公開された。

 本作は、制御不能のスピード狂である実業家を追う、 ひき逃げ専門捜査班の活躍を描いた犯罪アクション映画。元F1レーサーのチョン・ ジェチョルが会長を務める巨大企業JCモータース。本庁内部調査課のシヨンは、 ジェチョルと警察庁長官との収賄事件を捜査していた。しかし、長官の圧力により、 シヨンは捜査半ばで交通課のひき逃げ専門捜査班に異動させられてしまう。チームのメンバーは、 シヨンと妊婦のウ係長、そして頼り無い巡査のミンジェだけで、 捜査マニュアルも無い部署だった。しかし、ミンジェの事件に関する洞察力だけは認めざるを得ないものがあった。そんな中、シヨンは3カ月前に起きた未解決ひき逃げ事件の容疑者がジェチョルだと知る。シヨンは許可も取らずに捜査を進めるが、 一方でミンジェも単独で事件を追っていた。

 エリート警官・シヨンをコン・ヒョジンが演じ、ひき逃げ専門捜査班の若手でエース巡査のミンジェ役を、『毒戦 BELIEVER』『タクシー運転手〜約束は海を越えて~』のリュ・ジュンヨルが務める。そして、 韓国初のF1レーサー出身の実業家であり、制御不能なスピード狂・ジェチョルを『EXIT』のチョ・ ジョンソクが演じる。さらに、『完璧な他人』のヨム・ジョンア、『 名もなき野良犬の輪舞』のチョン・ヘジン、『工作 黒金星と呼ばれた男』のイ・ソンミン、本作が映画デビュー作となるアイドルグループSHINeeのキム・キボム(KEY)らが脇を固める。『コインロッカーの女』で百想芸術大賞・ 新人監督賞を受賞したハン・ジュ二が監督を務めた。

 10月13日からは、シネマート新宿・心斎橋にてポストカードセット付き特別鑑賞券が発売開始となる。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』
12月13日(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほか全国順次ロードショー
監督:ハン・ジュニ
出演:コン・ヒョジン、リュ・ジュンヨル、チョ・ジョンソク、ヨム・ジョンア、チョン・ヘジン、イ・ソンミン、キム・キボム(KEY)、ソン・ソック
撮影:キム・テギョン
武術監督:ホ・ミョンヘン
美術:チャン・グニョン
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
2019年/韓国映画/韓国語/133分/シネマスコープ/5.1ch/字幕:仲村渠和香子
英題:Hit-and-Run Squad
(c)2019 SHOWBOX AND HODU&U PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる