ケン・ローチ最新作『家族を想うとき』予告編&新場面写真 長時間労働が家族にもたらすものとは

ケン・ローチ最新作『家族を想うとき』予告編&新場面写真 長時間労働が家族にもたらすものとは

 12月13日公開の映画『家族を想うとき』より、新たな予告編と場面写真が公開された。

 『わたしは、ダニエル・ブレイク』を最後に映画界からの引退を表明していたケン・ローチ監督が、引退宣言を撤回して監督を務めた本作は、グローバル経済が加速する中で変わっていく人々の働き方と、時代の波に翻弄される“現代の家族の姿”を描く。父リッキーは、マイホーム購入の夢をかなえるために、フランチャイズの宅配ドライバーとして独立。母アビーはパートタイムの介護士として、時間外まで1日中働いている。家族を幸せにするはずの仕事が、家族との時間を奪っていき、高校生の長男セブと小学生の娘のライザ・ジェーンは寂しい想いを募らせていく。そんななか、リッキーがある事件に巻き込まれてしまう。 

ケン・ローチ監督最新作『家族を想うとき』90秒予告篇

 公開された予告編は、一家団欒の食卓でインド料理を食べているシーンから始まり、マイホームの購入を夢見て、フランチャイズのドライバーとして働く父・リッキーが配達時間に遅れないよう、走りながら荷物を運んだり、「違反切符は勘弁してくれ」と駐禁を取る警察と駆け引きする様子、介護福祉士として働く妻・アビーが、訪問先で献身的に介護をしている姿が描かれている。問題を起こした息子・セブとリッキーが口論するシーンやリッキーと子供たちが配送車の中で満面の笑顔で過ごす様子も確認できる。

 場面写真では、両親の遅い帰りを待ちながら、ライザとセブがパソコンを見ている姿や、威圧的な態度で部下に指示をする上司・マロニー、妻・ライザがリッキーの配達を手伝う様子などが切り取られている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『家族を想うとき』
12月13日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
監督:ケン・ローチ
脚本:ポール・ラヴァティ
出演:クリス・ヒッチェンズ、デビー・ハニーウッド、リス・ストーン、ケイティ・プロクター
配給:ロングライド
2019年/イギリス・フランス・ベルギー/英語/100分/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/原題:Sorry We Missed You/日本語字幕:石田泰子
(c)Sixteen SWMY Limited, Why Not Productions, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinema and The British Film Institute 2019
photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019
公式サイト:longride.jp/kazoku/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ