北村一輝が川島夕空をひっぱたく 『スカーレット』親子に引き継がれる「意地」の強さ

北村一輝が川島夕空をひっぱたく 『スカーレット』親子に引き継がれる「意地」の強さ

 NHKの連続テレビ小説『スカーレット』が2週目を迎えた。川原家のピンチを救ったのは、第5回で喜美子(川島夕空)たちの元を去った草間(佐藤隆太)だった。

 大阪へ行く道中だった父・常治(北村一輝)は、借金取りと遭遇したものの見事に交わしそのまま大阪へ。だが、借金取りは常治不在の川原家に向かった。常治が帰るまで待つという借金取りに喜美子たちは、食事を与え、お風呂を沸かし、奉公をする。当時、贅沢な卵を頬張る借金取りを見た妹の直子(やくわなつみ)は「ゆで卵うちも食べたい」と嘆く。喜美子は妹のために「1個だけでいいから残してくれ」と頼むが、借金取りは家にあったゆで卵を全部食べようとする。すると直子は男の腕に噛みつき、怒った借金取りは逃げる直子を追いかける。直子が捕まり、万事休すかと思われた瞬間に、草間が現れ、落ち込んで俯いていた時とは一変してヒーローのように柔道の技でやっつけてしまった。

 川原家に常治が戻ってきた頃には、草間が代わりにお金を渡し、借金取りは帰っていった。草間は渡したお金を、倒れていた自分を助けてくれた常治への借りを返したいという気持ちだと伝えるが、その好意を常治は拒否する。常治は草間が支払った1000円を返したい。しかし、880円しかなく、「120円」「120円」と落ち着かない様子で探し回る。しまいには父が必死になる姿を見て、「もろといたらええやん、何で受け取らんの?」と迫る喜美子を「あかんもんはあかんねん!」とひっぱたくのだった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ