『監察医 朝顔』特別編に込められた作り手たちの思い 朝顔×桑原の納得の馴れ初めも

『監察医 朝顔』特別編に込められた作り手たちの思い 朝顔×桑原の納得の馴れ初めも

 9月23日に最終回を迎えた上野樹里が主演を務める月9ドラマの特別編『監察医 朝顔 特別編~夏の終わり、そして~』(フジテレビ系)が、9月30日に放送された。

 物語は、最終回となった第11話のその後。大部分が登場人物の会話からこれまでの事件や出来事をダイジェストで振り返っていくというものだ。けれど、エピローグとも思える要素もふんだんに散りばめられていた。

 つぐみ(加藤柚凪)の保育園がお休みとなり急遽、娘と一緒にいることになった平(時任三郎)や石田検事(山本未來)を巡る、丸屋大作(杉本哲太)、伊東純(三宅弘城)、神崎譲治(市川右團次)の恋愛バトル、妻の死から前向きに生きる三郎(きづき)の姿、山倉(戸次重幸)が施錠した机の引き出しに隠している秘蔵のふりかけなど、本編では語ることのできなかった人物のエピソードが語られていく。

 中でも注目は朝顔(上野樹里)と桑原(風間俊介)の馴れ初め。2人が出会ったのは、2017年。警察官の桑原がネグレクトの子供を法医学教室に連れてきた際、対応したのが朝顔だった。桑原は虐待されている子供たちを思い、すでに泣いていた。「虐待されているんですよね。あんな小さいのにかわいそうに」。朝顔は泣いている彼に、スッとハンカチを差し出し、自分を呼んでいる茶子(山口智子)の元へ。その優しさに桑原は朝顔に一目惚れ。朝顔も茶子に「先ほどの彼、いい方ですね」「お似合いですよ、あの方と」と背中を押されるのだ。その後、桑原の半年間のアタックにより、2人は交際をスタート。やがて、第1話の平と桑原がバディで法医学教室にやってくる場面に繋がっていく。

 印象的なのは、正義感が強く謙虚な桑原は出会いから泣いていたということ。しかし、そんな桑原も朝顔や平、つぐみと出会い強くなった。第9話、執刀のトラウマに悩む朝顔が再び遺体と向き合う決心を固めるシーンで桑原は「パパはね、もう泣かないって決めたの」とつぐみに真っ直ぐな目線で話しており、実際にそれ以降、桑原の泣く場面はない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ