ルイ・ガレル主演・監督作『パリの恋人たち』12月公開決定 リリー=ローズ・デップも出演

ルイ・ガレル主演・監督作『パリの恋人たち』12月公開決定 リリー=ローズ・デップも出演

 ルイ・ガレルが監督・主演を務めた『A Faithful Man(原題)』が、『パリの恋人たち』の邦題で12月13日よりBunkamura ル・シネマほかにて全国順次公開されることが決定。あわせて場面写真が公開された。

 フランスの巨匠フィリップ・ガレルの息子で、俳優としても活躍するルイ・ガレルの『ふたりの友人』以来の監督作となる本作は、パリを舞台に、本当の気持ちを素直に表せない、不器用な男と女の揺れる関係を短編小説のように描いた大人のラブストーリー。ジャーナリストの青年・アベルは、3年間同棲したマリアンヌから妊娠を告げられ喜ぶのもつかの間、父親は友人のポールであることから別れを切り出される。数年後、アベルはポールの告別式でマリアンヌと再会、同時にポールの妹・イヴからも想いを告白される。

 2018年の第31回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門では『ある誠実な男』のタイトルで上映されたほか、第66回サンセバスチャン国際映画祭ではコンペティション部門で脚本賞を受賞している。

 ガレルは、2人の女性たちの間で右往左往するアベルを「何度も生まれ変わる“いたいけな人”をイメージしました。降りかかる災難をすべて楽しんでしまう人」と解釈し、マリアンヌ役を実生活でもガレルのパートナーでもあるレティシア・カスタが務めた。また、大人の女性であるマリアンヌに対し、小悪魔的魅力でアベルを翻弄するイヴを、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの愛娘でシャネルのモデルとしても活躍するリリー=ローズ・デップが演じる。

 「ひとの気持ちはあてにならない」というシンプルなアイディアから出発したという本作について、ガレルは「文学には短編小説と長編小説があります。わたしは本映画を短編小説のように組み立てたいと考えました。気張らなくて、サプライズがあり、みずみずしい短編小説であり、重苦しい心理ドラマのアンチテーゼでもあります」と語っている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■公開情報
『パリの恋人たち』
12月13日(金)Bunkamura ル・シネマほか全国順次公開
監督:ルイ・ガレル
出演:ルイ・ガレル、レティシア・カスタ、リリー=ローズ・デップ、ジョゼフ・エンゲルほか
配給:サンリス
2018年/フランス/フランス語/カラー/75分/字幕翻訳:松岡葉子/字幕協力:東京国際映画祭
(c)2018 Why Not Production
公式サイト:http://senlis.co.jp/parikoi/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる