麿赤兒、焼死体の真相は? 『ルパンの娘』運命の歯車が動いた一年後

麿赤兒、焼死体の真相は? 『ルパンの娘』運命の歯車が動いた一年後

 さらに本作がずっとオマージュしてきた『ロミオとジュリエット』が模されたシーンも描かれる。今回は華が一酸化炭素で殺されそうになる際に、気を失い仮死状態になる。それを和馬が助け出すのであった。『ロミオとジュリエット』もまた、毒で仮死状態になった恋人が描かれる。徹底してオマージュすることで、本作はよりドラマチックな恋が描かれている。

 今回のパロディネタでさらに特筆したいのは、エミリの言った俳句「満たされる あなたといれば まんぷくだ」だろう。これはエミリを演じる岸井と和馬役の瀬戸が過去に夫婦役で出演した作品である連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合)を取り入れたものだ。悦子を演じる小沢真珠の『牡丹と薔薇』(フジテレビ系)のように、出演者の過去の作品をイジる演出はもはやお家芸と言えよう。今回もドラマファンをクスリとさせる演出で視聴者を喜ばせた。

 いよいよ大詰めとなる『ルパンの娘』。華と和馬はそれぞれ別の相手と婚約をしているが、まだお互いへの気持ちは残ったままだ。それでも華は円城寺を、和馬はエミリを選ぶのか。また、巌(麿赤兒)が焼死体になって見つかったというニュースは真実なのか。問題はまだ多く残る。和馬と華の恋路はもちろん、三雲家、桜庭家の行く末も見守りたい。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■Nana Numoto
日本大学芸術学部映画学科卒。映画・ファッション系ライター。映像の美術等も手がける。批評同人誌『ヱクリヲ』などに寄稿。Twitter

■放送情報
木曜劇場 『ルパンの娘』
フジテレビ系にて毎週(木)22:00~22:54放送
※初回は22:00~23:09(15分拡大)
出演:深田恭子、瀬戸康史、小沢真珠、栗原類、どんぐり、藤岡弘、(特別出演)、
加藤諒、大貫勇輔、信太昌之、マルシア、麿赤兒、渡部篤郎
原作:『ルパンの娘』 横関大(講談社文庫刊)
脚本:徳永友一
プロデュース:稲葉直人
監督:武内英樹
制作・著作:フジテレビ 第一制作室
(c)フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる