>  >  > 『監察医 朝顔』第1章が完結

上野樹里が妻として、母として、新たな一面を見せる 『監察医 朝顔』第1章が完結

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 上野樹里が主演を務める月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)が、8月12日放送の第5話にて第1章完結を迎えた。

 第4話までプロポーズ、妊娠と順調に進んできた朝顔(上野樹里)と桑原(風間俊介)。平(時任三郎)を混じえた朝食で結婚式、ドレス、結婚届けの日にち……と幸せでいっぱいの様子の桑原に、平は「引っ越しはいつするんだ」と2人が新居で新しい暮らしを始めることを考えていた。

 馴染みのお好み焼き屋でプロポーズを切り出し、かき氷の練乳を“奮発”と話す朝顔と桑原は、新居の準備に迷っていた。平と主任教授で朝顔にとっては姉のような存在の茶子(山口智子)が、婚姻届の証人になり、決断が迫る中、2人が取った選択は実家で朝顔と桑原、そして平とで暮らしていくというものだった。話を切り出したのは、桑原。生まれてくる子供と3人で、夏は縁側でスイカを食べて、冬は鍋を囲む姿まで想像している。何よりも決め手となったのは、平が小さな頃から住んでいたという柱に身長の傷が残った家に、暮らしたくなったことだ。

 桑原と平は、すっかり打ち解けている。朝顔の妊娠の様子を桑原に聞く平。しかし、平が朝顔に対して邪険に振る舞ってしまうのには、大切な一人娘が嫁として旅立っていくことへの寂しさがあったはずだ。家を出ることを強要する平に朝顔がついに「気を使ってんのはお父さんの方でしょ。そんな決まりないでしょ」「私が寂しいからここで一緒に住みたいんだよ」と押し切る。

 東北で被災した妻・里子(石田ひかり)との家族写真を手に、朝顔は「桑原朝顔」として嫁ぐ前の挨拶を平に始める。

      

「上野樹里が妻として、母として、新たな一面を見せる 『監察医 朝顔』第1章が完結」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版