>  > 『暁に祈れ』地獄の中に生まれる生の美しさ

『暁に祈れ』地獄の中にしか生まれ得ない生の美しさーー充実の特典映像でその魅力は倍増に

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仏教のシンボル、蓮は泥水の中でしかその美しい花を咲かさない。仏教の「蓮華の五徳」の教えの1つに「淤泥不染の徳(おでいふぜんのとく)」というものがある。これは、どんな心を持つ者に本当の信心が芽生えるのかを、蓮の花の特徴をモチーフに例えたものだ。淤泥とは泥水のこと、これは悪人の例えだ。悪がすくう心を持つ者にこそ、本当の善なる信心が芽生えることを、泥水の中でしか花をつけない蓮の花に例えたものだ。

 そんな教えを持つ仏教が盛んな国、タイを舞台にした『暁に祈れ』はまさに蓮の花のような映画だ。誤解を招きたくないので最初に断っておくが、これは宗教映画ではない。泥水のように劣悪な環境だからこそ見いだせる生命の輝きが、この映画にはある。

 本作の舞台となるタイの刑務所は、想像を絶する過酷さで知られ、劣悪な衛生状態の大部屋に何十人もの囚人が雑魚寝し、所内では暴力が日常茶飯事。時には殺人や強姦まで起こるが、刑務官たちには汚職がはびこり、麻薬すら流通している。本作は、そんな地獄のようなタイの刑務所に入れられてしまったイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの実話を基にした作品だ。

 劇場公開時にはR15+指定となるほどにその描写は過酷であるが、露悪的なバイオレンス映画ではない。地獄の中にしか生まれ得ない生の美しさこそ本作の魅力なのだ。

地獄のタイ刑務所を完全再現

 本作を観てまず驚くのは、タイの刑務所の過酷さである。麻薬所持の罪で逮捕されたビリーが目にしたのは、全身タトゥーだらけの囚人たちであふれかえる想像を絶する環境だった。劣悪な衛生状態の部屋で何十人も押し込められ、朝起きたら隣の男が死んでいたりする。しかし、誰もそのことに驚きはしない、ここではそんなことは良くあることなのだ。ときには、殺人、強姦まで発生する。

 そんな地獄と呼ぶにふさわしい刑務所内を再現するために、ジャン=ステファーヌ・ソヴェール監督は、直前まで刑務所として使用されていた建物でロケを敢行、さらに囚人役の大半を実際に服役経験のある元囚人たちに演じさせた。筆者は、本作の劇場公開時にソヴェール監督にインタビューさせてもらったが、ロケハンで訪れた時には、囚人服や切り刻まれた手紙、ナイフのように尖ったスプーンが散らばっていたという。また、元囚人たち聞いたエピソードも脚本に盛り込んだそうだ。

 また、本作のDVD・Blu-rayの特典映像に、囚人役で出演した元囚人の一人のインタビューが収録されているが、本作で描かれる90%はリアルだと感じると語っている。本作は、全編、本物でなくては出せない迫力に満ちあふれており、リアリティ(現実性)があるというより、もはやリアル(本物)と言ってよい。

暴力が支配する世界で見出したムエタイという希望

 刑務所の過酷な環境で絶望していたビリーに再び生きる希望を与えたのはムエタイだった。刑務所内にムエタイのジムがあるのも驚きだが、これも事実なのだそうだ。ビリーは元ボクサーで、戦うことにしか生きる意義を見いだせない男だった。ボクシングとムエタイの違いに戸惑いながらも、頭角を現し始めたビリーは、地獄の刑務所で生きる実感を持ち始める。その這い上がる姿には、神々しささえ漂う。ムエタイでは、試合前にワイクルーの舞いで祈りを捧げるのだが、これは「師に捧げる感謝の舞い」なのだそうだ。ビリーの祈る姿には、まさに生命の輝きが感じられる。

 本作が描きたかったのは、これなのだ。地獄の中でしか見つけることのできない生命の輝きというものがあるのだ。

 本作を観る動機が怖いもの見たさでももちろん構わない。しかし、最後にはビリーの放つ生の美しさに打ちのめされることだろう。ただの地獄巡りツアーでは終わらない、人間の生命の強さと輝きを描く傑作だ。

      

「『暁に祈れ』地獄の中にしか生まれ得ない生の美しさーー充実の特典映像でその魅力は倍増に」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版