>  >  > 『ヒョンジェ』予告編&場面写真

ソンフンがソフトなイメージを排しアウトローに徹する 『ヒョンジェ』予告編&場面写真

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月26日公開の映画『ヒョンジェ〜釜山港の兄弟〜』より、予告編と場面写真が公開された。

 本作は、二卵性双生児として生まれながら、刑事とマフィアとして再会した兄弟の哀しい秘密と運命を描いたアクションサスペンス。優等生の兄のテジュ(チョ・ハンソン)と不良の弟のテソン(ソンフン)。2人が想いを寄せる娘・チャンミ(ユン・ソイ)が不幸な事件に襲われ、3人は悪夢のような記憶を抱えたまま、それぞれの道へ。時は流れ20年後、テジュはソウルの江南警察署の警官に、テソンは地元・釜山最大のマフィア組織「マリカーン」の後継者として、それぞれの人生を歩んでいた。

 主演のキム・テソン役を務めるのは、人気韓流ドラマ『じれったいロマンス』でツンデレ王子を演じたソンフン。兄の刑事・テジュ役には『これが人生!ケ・セラ・セラ』『3度結婚する女』などのチョ・ハンソンが扮する。

『ヒョンジェ〜釜山港の兄弟〜』予告編

 公開された予告編は、「お前はいいヤツとして生きろ」「俺は最後まで悪者として生きてやる」と、今までのソフトなイメージを覆すソンフンが演じるマフィア・テソンのセリフから始まる。組織と衝突したテソンは、兄弟の仲を切り裂いた20年前の悲劇の真相が表沙汰になりそうになり窮地に。最後は降りしきる雨の中、ずぶ濡れで刑事の兄・テジュが切ない表情を浮かべながら、テソンに向かって銃を突き付ける。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『ヒョンジェ~釜山港の兄弟~』
7月26日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー
監督:パク・ヒジュン
出演:ソンフン、チョ・ハンソン、ユン・ソイ、パク・チョルミン、コン・ジョンファン、ソン・ビョンホ、イ・イクジュン、シン・セフィ
配給:ブロードウェイ
2017年/韓国/114分/カラー/原題:Brothers in heaven
(c)2018 CION Pictures All rights reserved
公式サイト:https://hyonje.net-broadway.com

「ソンフンがソフトなイメージを排しアウトローに徹する 『ヒョンジェ』予告編&場面写真」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版