>  >  > 『愛がなんだ』ナカハラに共感の嵐

ナカハラの佇まいに共感の嵐 『愛がなんだ』テルコの“盲信”を際立たせた若葉竜也の名演

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 誰もが経験するであろう、恋愛の苦い側面を幸福感いっぱいに描いた今泉力哉監督の『愛がなんだ』。主人公テルコ(岸井ゆきの)は“好きな人”であるマモちゃん(成田凌)を想う気持ちが止められず、仕事も手につかない日々が続く。しかしマモちゃんにはすみれ(江口のりこ)という好きな人がいる。テルコの友人の葉子(深川麻衣)はテルコの恋愛に苦言を呈すものの、自分はナカハラ(若葉竜也)という年下の男の子を振り回している。誰もが叶わない恋心を抱き、悪意のない世界で傷つけあっていた。

 本作で特に多くの人がその佇まいに共感したとの声が多かったのはナカハラだった。SNSなどでは、「自分はナカハラに似ている」という声も散見された。ナカハラは葉子のことを「(自分のことは)さみしい時に呼んでくれればいい」と割り切った関係だと話す。成就したいわけでもない、高望みはしない、ただ自分が好きだから側にいたいだけだと言わんばかりに葉子にブンブン振り回される。テルコが葉子の家に来るとなれば、夜中だろうと追い出され、年末は実家に呼ばれ葉子の母と餃子を作らされる。葉子が忙しい時は、母親やテルコの相手までさせられている始末だ。しかしナカハラはそんな自分を呪ったりはしない。葉子の支えになれればと献身的に尽くすのであった。出過ぎることはなく、奢ることもない。困ったように笑う瞳の奥が泣いていても、葉子の元に駆けつけるのがナカハラなのだ。

 ナカハラを演じたのは若葉竜也。大衆演劇出身の俳優で、幼少期にチビ玉三兄弟として話題をさらった。『愛がなんだ』ではどこか自信なさげで繊細な青年・ナカハラを演じているが、実は俳優キャリアの中では『ごくせん 第3シリーズ』(日本テレビ系)の不良少年や映画『葛城事件』の殺人犯などナカハラとは程遠い役柄が多い。キリッとした目と、明るい髪色、無精髭、少しふっくらしたほおでワイルドな風貌にしているのだ。しかし『愛がなんだ』では一変、華奢で黒髪、髪ももっさりと伸ばしっぱなしで目尻を下げて悲しそうに笑い、とても誰かに食ってかかる姿など想像もできない。若葉の表現したナカハラは、とにかく表情と間合いが特徴的であった。

      

「ナカハラの佇まいに共感の嵐 『愛がなんだ』テルコの“盲信”を際立たせた若葉竜也の名演」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版