二階堂ふみが挑む、新たな姫川玲子像 『ストロベリーナイト・サーガ』への意気込みを語る

二階堂ふみが挑む、新たな姫川玲子像 『ストロベリーナイト・サーガ』への意気込みを語る

「体感しながら楽しめる作品に」


ーー亀梨さんとは初の共演ですね。

二階堂:亀梨さんが以前、菊田のちょっと冴えない部分を感じとっていただきたいとおっしゃっていて。でも、いざという時に姫川にとって一番頼りになるのが菊田なんです。1話以降も、いいパートナーと言いますか、たくさん助けていただくようになっていくので、そういう部分が徐々に垣間見えてきて、いち共演者として、私も頑張らなきゃいけないなと刺激をたくさんいただいています。助けていただくシーンを撮っている時に菊田のかっこよさを感じることが多く、今後、話が続いていくにつれてどんどん関係性も変わっていくので、徐々に徐々に、色々なことをご相談させていただきながら、引き出し合えたらなと考えています。

ーーそして、姫川の天敵“ガンテツ”を演じるのが江口さんです。

二階堂:江口さんは何度かご一緒させていただいてるんですが、今回かなり癖の強い刑事の役です。クランクイン直後に現場でお会いした時にはもうガンテツのアクの強さが既に出来上がっていて、江口さんの身体の大きさと、雰囲気にすごく合っているなと感じました。

ガンテツって実は、先輩の刑事として姫川に対して危機を感じていて、分かりやすい助言ではないですが、ガンテツの言葉で姫川自身がハッと大切なことを気づかされる、なかなか微妙な関係です。私自身としても、お芝居でご一緒したり、現場でシーンを見るたびに、学ばせていただくこともありますし、江口さんの芝居が面白くて、いち視聴者のような目線で、ついつい見てしまいます。

ーー毎クール局を問わずたくさんの刑事ドラマが放送されていますが、今回作品に携わってみて刑事ドラマにどんな魅力を感じますか。

二階堂:普段私たちがニュースで見ている事件や、知っているようで知らない世界を覗くことができるのが刑事ドラマの面白さだと思います。一つの組織の中でさえ、実は戦いがあったり、矛盾があったり、そういう機関にいる人間の葛藤が描かれることで、非人道的なものと人情の両方が掛け合わされるというか。今回の『ストロベリーナイト・サーガ』は特に細かく描かれていくので、そんな刑事ドラマの醍醐味をぜひ堪能していただきたいです。

ーー映画『翔んで埼玉』がヒットし、今回も初主演。追い風が吹いている状態かと思いますが、ご自身ではどう捉えていますか?

二階堂:自分ではなかなか客観視はできませんが、毎回、いい現場で本当に刺激的な方々と出会うことができて、作品作りをご一緒させていただいています。とにかく今は自分の女優としてのどうこうというより、いい作品を作って、一人でも多くの方々がこの作品を観て良かったなとか、いい時間だったな、と思っていただけるように、全力で作品に取り組んでいるのが毎回続いている感じです。

自分にとっての課題でもあるのですが、『ストロベリーナイト・サーガ』も視聴者の方々に寄り添いながら、一緒に姫川玲子と事件を解決してるような気分にできたらなと思っています。観る方々が姫川班の一人でもいいですし、姫川自身でもいいですし、それを体感しながら楽しめる作品にしていきたいです。

(取材・文=大和田茉椰/写真=伊藤惇)

■放送情報
『ストロベリーナイト・サーガ』
フジテレビ系にて4月11日(木)21時〜初回2時間スペシャル
※第2話以降は毎週(木)22時〜放送
出演:二階堂ふみ、亀梨和也、葉山奨之、宍戸開、中林大樹、重岡大毅(ジャニーズWEST)、今野浩喜、菊池桃子(特別出演)、伊武雅刀、山口馬木也、岡田浩暉、江口洋介ほか
原作:誉田哲也「姫川玲子シリーズ」(光文社刊)
脚本:徳永友一、ひかわかよ、関えり香
編成企画:渡辺恒也
プロデュース:山崎淳子
演出:石川淳一、山内大典
制作:フジテレビ
制作著作:共同テレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/strawberrynight/

▼二階堂ふみチェキプレゼント▼


二階堂ふみのチェキを1名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

【応募方法】
リアルサウンド映画部の公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンド映画部の公式TwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※複数のお申し込みが発覚した場合、ご応募は無効とさせていただく場合がございます。

<リアルサウンド映画部 公式Twitter>
https://twitter.com/realsound_m

<応募締切>
4月30日(火)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ