『なつぞら』第9話では、なつ(粟野咲莉)が父からの手紙を読み涙を流す

『なつぞら』第9話では、なつ(粟野咲莉)が父からの手紙を読み涙を流す

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『なつぞら』。4月10日放送の第9話では、なつ(粟野咲莉)が父からの手紙を読み涙を流す。

 剛男(藤木直人)が、浅草の孤児院でなつと初めて出会ったときのことを語った第8話。第9話では、川のほとりで魚釣りをする天陽(荒井雄斗)が、1人で来ていたなつを心配し声をかける。なつは家族を待っていると強がるが、やがて天陽も家路に着き、1人河原に残されてしまう。なつは父の形見の手紙を読み、涙が溢れ出す。

 戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動の物語。主演の広瀬すずをはじめ、岡田将生、草刈正雄、松嶋菜々子、藤木直人、清原翔、小林隆、音尾琢真、安田顕、高畑淳子、山田裕貴、吉沢亮らがキャストに名を連ねる。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

■放送情報
連続テレビ小説『なつぞら』
4月1日(月)〜全156回
作:大森寿美男
語り:内村光良
出演:広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人/岡田将生、吉沢亮/安田顕、音尾琢真/小林綾子、高畑淳子、草刈正雄ほか
制作統括:磯智明、福岡利武
演出:木村隆文、田中正、渡辺哲也ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる