インド映画史上最大級の製作費で伝記を映画化 『パドマーワト 女神の誕生』6月公開決定

 16世紀に生み出されたインド古来の伝記を、インド映画史上最大級の製作費を費やし映画化した『パドマーワト 女神の誕生』が、6月7日より新宿ピカデリーほかにて公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルが公開された。

 本作は、500年にわたり語り継がれる有名な伝記の映画化として、インドでは制作段階から注目を集め、劇中でのヒンドゥー教や、インド古来の民族であるラージプート族の描写に憶測が飛び交い、一部の過激な宗教団体による上映中止運動などが勃発。その話題の高まりから、2018年インド国内興収で3位となる約61億円、インド映画の世界興行成績でも歴代10位となる、約100億円の大ヒットを記録した。

 一国の運命を変えるほどの美貌と、聡明な決断力で、やがて神格化されていくパドマーワティを、『トリプルX:再起動』でハリウッド進出も果たした女優、ディーピカー・パードゥコーンが演じる。溢れる野心と凶暴性の中に、頂点に立つ王の孤独も垣間見せるアラーウッディーンをランヴィール・シン、一族の誇りを重んじ、いかなる窮地にも高潔さを失わないラージプート族の王、ラタン・シンをシャーヒド・カプールが演じる。日本でも公開された『ミモラ ー心のままにー』のサンジャイ・リーラ・バンサーリーが監督を務める。インド映画史上最大級の製作費を費やし、壮麗な宮廷、絢爛豪華な衣装、大軍勢によるスペクタクルな合戦など、細部まで計算し尽くした映像美で描く、めくるめく歴史絵巻となっている。

 公開されたポスタービジュアルでは、「その“美”は、やがて伝説になる」というキャッチコピーとともに、“永遠の生命”を表現した、らせん状の縁飾りを施した衣裳と、華やかな装飾品に身を包んだ神々しい姿のパドマーワティが、穏やかな中に決意を秘めた表情で前面に立つ姿が写し出されている。

■公開情報
『パドマーワト 女神の誕生』
6月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー
出演:ディーピカー・パードゥコーン、ランヴィール・シン、シャーヒド・カプール、アディティ・ラーオ・ハイダリー
監督:サンジャイ・リーラ・バンサーリー
配給:SPACEBOX
原題:Padmaavat/2018年/インド/ヒンディー語/シネスコ/5.1ch/164分
(c)Viacom 18 Motion Pictures (c)Bhansali Productions
公式サイト:Padmaavat.jp
公式Twitter:@Padmaavat_movie

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる