最恐のダークヒーローの驚異的なパワーが明らかに 『X-MEN:ダーク・フェニックス』新予告公開

最恐のダークヒーローの驚異的なパワーが明らかに 『X-MEN:ダーク・フェニックス』新予告公開

 『X-MEN』シリーズ最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』の日本公開日が6月21日に決まり、新予告編が公開された。

 1963年に誕生した、突然変異によって超人的能力を持って生まれたミュータントたち、X-MENの戦いを描くマーベル・コミックシリーズ。本シリーズの総発行部数は5億部以上、他のマーベル・コミック作品を抑え堂々の1位と、今なお連載が続いている。X-MENメンバーである女性ミュータント、ジーン・グレイを主人公に据えた本作では、ジーンの裏の人格でありマーベル史上最強にして最悪のダークヒーロー“ダーク・フェニックス”を描き出す。ついに降臨した破格的パワーを持つダークヒーローとX-MENの戦いが、圧倒的スケールと壮大なアクションで繰り広げられる。

 ジーン・グレイ“ダーク・フェニックス”を演じるのは、23歳のソフィー・ターナー。社会現象を生み出した大ヒットドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』で注目を集める彼女が、自らの二面性と強大なパワーを制御できずに葛藤する複雑なキャラクターを好演。また、X-MENのメンバーには2度のアカデミー賞ノミネートを誇るマイケル・ファスベンダー、『ミスター・ガラス』における多重人格者の怪演も記憶に新しいジェームズ・マカヴォイ、オスカー女優ジェニファー・ローレンスなど豪華キャストが集結。そして物語の鍵を握る謎のキャラクターには、作品選びに定評があり多数の受賞歴を持つジェシカ・チャステインがキャスティングされた。

『X-MEN:ダーク・フェニックス』新予告編

 公開された予告編では、ダーク・フェニックスの驚異的なパワーがベールを脱ぐ。自らの力をコントロールできず、裏人格のダーク・フェニックスを解き放ったジーン・グレイ。その変貌と圧倒的な力を目にしたX-MENのメンバーたちは、仲間であるジーンを救うべきか戦うべきか苦悩する。

■公開情報
『X-MEN:ダーク・フェニックス』
6月21日(金)全国ロードショー
監督:サイモン・キンバーグ
出演:ソフィー・ターナー、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ジェシカ・チャスティン
配給:20世紀フォックス
(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ