>  >  > 『Diner ダイナー』特報映像

窪田正孝、斎藤工、小栗旬らが殺し屋に 藤原竜也主演×蜷川実花監督『Diner ダイナー』特報公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 藤原竜也が主演、蜷川実花が監督を務める『Diner ダイナー』の公開日が7月5日に決まり、特報映像と追加キャストが発表された。

 本作は、出来心で怪しいサイトのバイトに手を出したオオバカナコが、とあるダイナーにウェイトレスとして売られる羽目になってしまったことから、一瞬で普通の生活から転落する物語。ダイナーの店主と名乗る、元殺し屋で天才シェフのボンベロのほか、次々と凶悪な殺し屋たちが現れる。

 天才シェフであり、元殺し屋のボンベロを藤原が演じ、蜷川が『さくらん』『ヘルタースケルター』に続く、自身3作目となる監督を務める。なお、故・蜷川幸雄氏演出によって芸能界デビューを果たし、“まな弟子”として多くの作品に出演し続けてきた藤原と、彼の娘である蜷川監督のタッグは、本作が初となる。

 公開となった血まみれのビジュアルからもわかるとおり、藤原演じるボンベロは強烈なキャラクター。極彩色の世界の中に佇むボンべロは、そこはかとない不敵なオーラを放っており、『バトル・ロワイアル』シリーズや『るろうに剣心』シリーズでも特異な殺人鬼を演じている藤原ですら、ボンベロを演じるには最初は戸惑いもあったという。しかし、クランクアップの際には「何でもありなキャラクター。僕としてはすごく気持ちのいいキャラクターに仕上がった」と自信を覗かせた。

『Diner ダイナー』特報映像

 特報映像は、藤原演じるボンベロの「俺は、ここの“王”だ!」というセリフから幕が開き、色彩美溢れるダイナーの一部が明らかに。ナイフを手に不気味で圧倒的な存在感を放つボンベロと、今はまだ全貌が見えないキャラクターたち。そんなダイナーに集う強烈な“殺し屋”を、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二らが演じることが明らかとなった。また、ヒロインとも言える役柄の“オオバカナコ”に関しては、未だ謎に包まれたままとなっている。

■公開情報
『Diner ダイナー』
7月5日(金)公開
出演:藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二
監督:蜷川実花
原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社『ポプラ文庫』)
配給:ワーナー・ブラザース
(c)2019映画「Diner ダイナー」製作委員会
公式サイト:diner-movie.jp

「窪田正孝、斎藤工、小栗旬らが殺し屋に 藤原竜也主演×蜷川実花監督『Diner ダイナー』特報公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版