光石研のトホホっぷり&ゲスト陣の適材適所が光る 『渋井直人の休日』のクセになる面白さ

光石研のトホホっぷり&ゲスト陣の適材適所が光る 『渋井直人の休日』のクセになる面白さ

 1話では、渋井が長年憧れてきた大御所イラストレーターを岩松了が演じ、一筋縄ではいかない大御所デザイナーと渋井の緊張感ありすぎの一幕が繰り広げられた。どんどん追い詰められる渋井直人を見ていると、「かわいそうだからもうやめてあげて!」と思わず声をあげそうになった。

 また、前出の池松壮亮演じるおしゃれショップの店主は、文化資本が高そうでいて、「実はコイツ渋井さんをおちょくってるんじゃないの? わるいやっちゃなー」という感想が漏れてくるようなキャラクターで、そんな難しい役を池松は少ない出番の中で作り上げていた。

 川栄李奈演じる美大生も一瞬の出演ながらも、八方美人でやり手の美大生は、どこかに存在しているように思わせてくれた、レギュラー陣もうまい。夏帆のそつのない編集者っぷりや渋井の行動にときにあきれる表情、渋井のアシスタントを演じる岡山天音のダメダメそうに見えて、どこか渋井を癒してくれるような緩さなどはクセになる。特に岡山の役は、過剰にキャラを作りすぎると、この作品のバランスを壊しかねない重要な役どころにも思えるのだが、作り過ぎず、セリフの間やかぶせ具合などが巧みで、彼のターンによって、渋井のせつないながらも笑えてしまうシーンが成立するのではないかとすら思えた。

 今後も黒木華をはじめ、大森南朋、平岩紙など、さりげないのに巧い俳優たちが続々登場する。そんな人々に振り回され中心に居続ける光石研のトホホっぷりが、今後どうなっていくのかも楽しみな作品だ。

■西森路代
ライター。1972年生まれ。大学卒業後、地方テレビ局のOLを経て上京。派遣、編集プロダクション、ラジオディレクターを経てフリーランスライターに。アジアのエンターテイメントと女子、人気について主に執筆。共著に「女子会2.0」がある。また、TBS RADIO 文化系トークラジオ Lifeにも出演している。

■放送情報
木ドラ25『デザイナー 渋井直人の休日』
テレビ東京系にて、毎週木曜25:00〜放送
出演:光石研、黒木華、岡山天音、ベンガル、森川葵、池松壮亮、川栄李奈、夏帆、池田エライザ、山口紗弥加、内田理央、大森南朋、平岩紙ほか
原作:『デザイナー 渋井直人の休日』渋谷直角(宝島社)
監督:松本佳奈、久万真路、桑島憲司
脚本:ふじきみつ彦、松本佳奈
制作:テレビ東京/C&Iエンタテインメント
製作著作:「デザイナー 渋井直人の休日」製作委員会
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuinaoto/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる