>  > 野村周平×桜井日奈子対談

新ドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』インタビュー

『僕の初恋をキミに捧ぐ』野村周平×桜井日奈子、人気少女漫画実写化に感じるプレッシャーと喜び

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日1月19日夜11時30分より(2話以降は11月15分放送開始)、土曜ナイトドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日系)がスタートする。

 本作は、青木琴美の同名コミックを初ドラマ化したもので、20歳まで生きられない少年と、その少年を全身全霊で愛する幼なじみの少女の物語。2009年には井上真央と岡田将生主演で実写映画化もされ、興行収入21.5億円の大ヒットを記録した。

 今回のドラマ版では、主人公・逞を野村周平が、そして逞が病を治す方法を一途に探し求める幼なじみの繭を桜井日奈子が演じる。野村と桜井の2人に、少女漫画原作のドラマならではの挑戦や、野村がムードメーカーだという現場の雰囲気など、和気藹々と語ってもらった。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

桜井「“実写でやる良さ”を感じてもらえたら」

――原作について、魅力を感じた部分はどこですか?

桜井日奈子(以下、桜井):繭と逞の純愛は、好きだからこそすれ違っているところがあって。繭は好きだから離れたくないけれど、逞は繭を思うからこそ離れようとする。お互いを思っているがゆえに、うまくいっていない不器用さがあるんです。そのもどかしさがありつつ、心臓の病気でどうしようもないことを、“生きるんだ”“ずっと一緒にいたいんだ”という強い気持ちで乗り越えようともがく姿に、心が動かされました。

野村周平(以下、野村):すばらしい答えだね。

――完璧なお答えをいただきましたが、野村さんはどうでしょう?

野村:本当にその通りだと思います。少女漫画ではあるんですけど、しっかりしたヒューマンドラマとして描かれていて。ストーリー的には少し重たい話なので、ただキュンキュンしているだけではないところが魅力的だな、と。

――深いドラマということですね。

野村:“深いい”ドラマですね。

――本作は、過去に映画化もされています。必ず比較されてしまうと思うのですが、やはり作品に臨む上での覚悟は大きいものですか?

野村:大きいよね。

桜井:(うんうん、とうなずく)

野村:映画がヒットしていなければ、やりやすいですけどね(笑)。映画も人気でしたし、漫画も売れているし……。でも、漫画の実写化って日本の文化みたいにもなってきているじゃないですか。やっぱり原作に寄せなきゃいけないところはあるので、その期待に沿うようにとは思っています。

桜井:原作ファンがたくさんいるので、リスペクトする気持ちは忘れずにやっていますが、私は漫画とそれを原作とするドラマは全く別物だとも思っているんです。漫画の世界と生身の人間の世界では色々と違うので、“実写でやる良さ”みたいなものを、観てくださる方に感じてもらえたらなと。このチームじゃないとできない良い作品というのがあると思うので、そこを目指して頑張りたいなと思っています。

――ドラマならではの見どころは、どこにありますか?

野村:長い期間をかけて映像を観てもらえること、あとは、ストーリーがよりわかりやすく作られていると思います。

――桜井さんは少女漫画原作作品へのご出演が続いていますが、実写作品を演じる上で意識していることはありますか?

桜井:監督には「キャラクターチックにやってほしい」という方も、「あえてリアルにやってほしい」という方もいらっしゃって。今回の繭ちゃんは、宝来(忠昭)監督から「キャラクターすぎることもなく、リアルを求めているわけでもない。ちょうどいい塩梅でやってほしい」と言われているので、難しいなとは思っています。ここはちょっとコメディタッチにやってみるとか、ちょっと楽しくやってみるとか、その時々で指示も変わってくるので、“実写だから”ということではなくて、現場によって全然違うところがありますね。

Arrow
Arrow
野村周平
ArrowArrow
Slider

      

「『僕の初恋をキミに捧ぐ』野村周平×桜井日奈子、人気少女漫画実写化に感じるプレッシャーと喜び」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版